中古マンションの買い方・売り方

不動産仲介をかまさない、ユーザー同士だけの不動産売買プラットホームはやっぱり難しい

3か月前にTwitterタイムラインに再三流れてきた株式会社Housemartのサービス。
【ユーザー同士が直接マンション売買をすることが可能となるWEBプラットフォームサービス】とのことでしたが、その後どうなったのでしょうか。タイムラインに再びニュースリリースが流れてきたので、ちょっと検証してみました。

ver3.0公開!ユーザー同士が直接マンション売買できる不動産フリーマーケット『Housmart(ハウスマート)』
2015年5月12日 08時00分 PR TIMES

■サービス説明

『Housmart』は株式会社Housmartが独自開発をした、ユーザー同士がインターネット上で簡単にマンションの売却及び購入をすることができる不動産フリーマーケットです。

ユーザーは『Housmart』を使用することにより、従来では不動産業者に任せるしかなかったマンションの売却、購入を自分のペースで自由に行うことが出来ます。情報は全てオープンにされ、どんなマンションがあるのか、どんな買主がいるのかが一目で分かり、マンションを売りたい人・買いたい人同士で自由にマッチング・内覧・不動産売買を行うことが出来ます。

housemart_web

『Housmart』はITを活用することにより無駄な人件費・店舗費用・営業車両費・広告費を削減しているため、仲介手数料が『売却は無料、購入は通常取引の半額1.5%』と、従来に無い低価格を実現しています。

例えば、5,000万円のマンションを売買した場合、通常156万円(税別)かかっていた仲介手数料が
売主は「完全無料」、買主は「半額の78万円」となり大幅なコストリダクションが可能です。

いや、お題目通りにいけばすばらしいですね。β版リリースの時に書いたエントリ、「不動産仲介をかまさない、ユーザー同士だけの不動産売買プラットホームは可能なのか」で述べた懸念点は以下三点でした。

不動産売買がプラットフォーム化し、それが安全安心して使えるには3つの条件が必要です。

  1. 出品物件の絶対数確保
  2. 売主買主双方が納得感のある物件プライス
  3. 不動産売買に付き物のトラブルに対するサポート体制

私がチェックした時、このサイトの物件数は38件。この物件すべてがこのサイトから売却活動をしているとするなら、既に数店舗の仲介不動産屋と同じ規模の売主を抱えていることになります。最大の懸念点「1.出品物件の絶対数確保」がクリアできて超大成功ですね。でも本当にそんなことあるんかいな??ということで、こちらに掲載されていた物件と売主、すべて調べてみました。

housemart_check

売主が「シンプレクス・リアルティ」「ホットパッションエステート」の物件はいわゆる「売主物件」です。売主は個人ではなく買取業者の物件です。そういった物件は、リフォーム済みでモデルルームのような家具が入って見栄えが良い代わりに、一般的に相場より高く売り出されます。
ちなみに、売主物件は売主から直接買えば原則仲介手数料はゼロのはず(でもこのサイト経由で申し込むと手数料1.5%・・・)。現状はほぼ「売主物件紹介サイト」といえるでしょう。

基本的に割高な売主物件を載せる理由はただ一つ、「にぎやかしをサイトに載せて、売却依頼をゲットするビジネスモデル」だからです。やっぱりフリーランチ・タダ飯ってのはありませんねぇ。

上記いくつかの物件は、レインズに載ってないので本気で売却依頼を受けていると思われますが、仲介店経由では購入できず、入り口は当然このサイトからのみ。
アクセス数を推定すると、買主が現れるかは非常に微妙なところです。きちんと契約書等を読んでませんがビジネスモデル上、一般媒介ならこのサイトの利用と併用できるはずなので、のらえもん的にはもしこのサイトを売主側として使うなら、一般媒介と組み合わせることお勧めします。

不動産仲介の意義ってなんだと考えると、のらえもんは「欲望の仲立ち」だとおもうのです。買主と売主は相反する欲望を持っていますが、双方がむき出しにしてしまうと感情的になり取引が成立しません。双方の目的は契約の成立ですから、このへん、お互いの顔を立てつつ取引を成立させるってのが仲介マンの役割なのかなぁと。んでこのサイトは仲介の意義を真っ向から否定するもんなので、「やっぱり難しい」、それが、素人ながらいままでに数百通の相談メールを受けてきたのらえもんの結論です。

P.S.
コメント欄にもありましたが、直接売買だと銀行にユーザーが直接掛け合わないと住宅ローンが組めません。住宅ローンの斡旋・アレンジも仲介の重要な機能の一つです。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 中古タワーマンション探訪

    湾岸タワーマンションで階数プレミアムが縮小中?

    「豊洲 マンション 暴落」という検索で拙ブログに訪問された読者様には残…

  2. 住まいスタジアム

    体感として、年収7倍のローンはかなりキツいよねって話

    みなさん、GWは精力的にモデルルーム訪問されていますか?私は今年のGW…

  3. 小ネタ

    マンションコミュニティ座談会 第4回前編が公開!

    マンションコミュニティさん側からの提案で始まったマンション好きが好き勝…

  4. 損が少ないマンション購入

    1都3県高層マンション・層別騰落率インフォグラフ

    住まいサーフィンより、31F以上の超高層マンションの騰落率で、低層中層…

  5. 中古マンションの買い方・売り方

    フラット35の金利が過去最低を更新!

    日銀のマイナス金利政策の威力はすさまじく、国債10年ものまでマイナスに…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ジャムおやじ
    • 2015年 5月 17日

    一般的な仲介かまさないと、住宅ローンを組めないのも一般消費者が当該サイトを利用するうえで負担が大きいと思います。
    ただ、湾岸マンションのように、売り手と買い手が一定数存在していて、SUUMOとかに掲載するだけで機械的に両方で6%近く持ってかれるのもなんだか癪だなあと思うのも事実です。

    • 匿名
    • 2015年 6月 21日

    のらえもんさんほど聡明な方だと仲介屋も全力で取り組もうと思います。素晴らしい!

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. マンションブロガーが答える

    【マンションブロガーが答える】レインボーブリッジビューの新築タワーマンションって…
  2. パークハウス晴海ティアロレジデンス

    ザ・パークハウス 晴海タワーズ・ティアロレジデンスが登録受付中
  3. 損が少ないマンション購入

    10年後の物件売却を見据えたマンション購入
  4. 都心-臨海副都心BRT

    中央区BRTに虎の門・新橋等の新ルートの可能性?(あと地下鉄新路線?)
  5. 東京オリンピック2020

    東京オリンピックは新交通システムを湾岸に導入する契機となるだろうか?
PAGE TOP