読んだ本とか

変わりゆく東京の予定表「東京大改造マップ2020最新版」

日経BPのムック本、「東京大改造マップ2020」前バージョンはあえて紹介しなかったのですが、発刊から1年経って最新版を反映したバージョンがかなり出来が良いので読者の皆様におススメします。

東京大改造マップ2020 最新版 (日経BPムック) 東京大改造マップ2020 最新版 (日経BPムック)
日経アーキテクチュア,日経ビジネス,日経コンストラクション日経BP社
売り上げランキング : 8714Amazonで詳しく見る

2020年東京五輪を契機として、いま東京は構想と再開発のラッシュです。湾岸は間違いなくその中心地のひとつですが、その他にもなんといろんなプロジェクトがあることか。自分の住んでいる地域ならなんとなくわかる情報も、隣の地域・区になるとさっぱりわかりません。これから新しく住まいをさがすにもピッタリの1冊です。虎ノ門あたりの再開発ラッシュってすごいなーとかこの地域も再開発始まっているのか、とか新しい発見が満載でした。

ネットだとどうしても一覧性に欠けます、全体的な網羅の把握は本のほうがいいですね。

ちなみにKindle版はオススメしません!のらえもん、新しく買い直しました。これはカラーの紙で楽しむ本です。

本の概要

開発熱が高まる10エリアの今後
「大手町・日本橋」「銀座・有楽町」「虎ノ門・六本木」「品川」「晴海・豊洲」「有明・辰巳」
「渋谷」「新宿・外苑」「池袋」「横浜」の10エリアで進行している、延べ面積1万㎡以上の
大規模建設プロジェクトを独自調査。「エリア別詳細MAP」に位置関係を整理して解説します。

綴じ込み地図 「東京大改造でかマップ」
ほぼA全判、昨年と同サイズの大型マップが今年も付きます。上記の10エリアをはじめ23区内の別の
エリア、東京と近接する地域も含めて300超もの開発プロジェクトを地図上に表示します。各開発の
位置関係が分かるほか、道路や鉄道の開発も一目瞭然です。

生活者の「知りたい」に応える防災の最新情報
湾岸地域で計画中の超高層マンション6件について構造安全性や防災対策などを表形式で比較。一般消費者にも
分かるように、それぞれの工夫を解説します。これからのマンショントレンドを知るうえでも必読です。

日経BP社の専門記者による独自取材
<経営>の日経ビジネス、<建築>の日経アーキテクチュア、<土木>の日経コンストラクションなど、日経BP社各誌の
専門記者がそれぞれの視点で取材・執筆しています。情報の正確性・専門性の高さはこのムックの大きな特徴です。

マクロ視点ではマスコミ全力取材にかなうわけもないので、ブログはもっとミクロで住民目線な話を突き詰めたいです。

東京大改造マップ2020 最新版 (日経BPムック) 東京大改造マップ2020 最新版 (日経BPムック)
日経アーキテクチュア,日経ビジネス,日経コンストラクション日経BP社
売り上げランキング : 8714

Amazonで詳しく見る

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 読んだ本とか

    【書評】住まいの解剖図鑑

    こちら、最近買った本ではなく私がモデルルームめぐりをしていた頃に出合っ…

  2. 読んだ本とか

    購入後のマンションの行く末を考える「100年マンション 資産になる住まいの育てかた」

    マンションを購入検討する時には、めちゃくちゃがんばって調べる人もマンシ…

  3. 読んだ本とか

    【書評】23区格差

    先日立ち寄った書店で話題の本の中に入っていたので紹介します。著者は…

  4. 読んだ本とか

    【書評】2019年のマンション購入書籍の決定本「マンション大全」

    スムログや住まいスタジアムでおなじみ三井健太さんが商業出版ベースで初め…

  5. 読んだ本とか

    【書評】かぼちゃ・スルガ・三為などの世界を書ききった快作「やってはいけない不動産投資」

    アベノミクスのメインテーマである金融緩和が始まってから7年。じゃぶじゃ…

  6. 損が少ないマンション購入

    【書評】マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく

    本ブログでもたまにデータを利用させていただいている住まいサ〜フィン・沖…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP