読んだ本とか

変わりゆく東京の予定表「東京大改造マップ2020最新版」

日経BPのムック本、「東京大改造マップ2020」前バージョンはあえて紹介しなかったのですが、発刊から1年経って最新版を反映したバージョンがかなり出来が良いので読者の皆様におススメします。

東京大改造マップ2020 最新版 (日経BPムック) 東京大改造マップ2020 最新版 (日経BPムック)
日経アーキテクチュア,日経ビジネス,日経コンストラクション日経BP社
売り上げランキング : 8714Amazonで詳しく見る

2020年東京五輪を契機として、いま東京は構想と再開発のラッシュです。湾岸は間違いなくその中心地のひとつですが、その他にもなんといろんなプロジェクトがあることか。自分の住んでいる地域ならなんとなくわかる情報も、隣の地域・区になるとさっぱりわかりません。これから新しく住まいをさがすにもピッタリの1冊です。虎ノ門あたりの再開発ラッシュってすごいなーとかこの地域も再開発始まっているのか、とか新しい発見が満載でした。

ネットだとどうしても一覧性に欠けます、全体的な網羅の把握は本のほうがいいですね。

ちなみにKindle版はオススメしません!のらえもん、新しく買い直しました。これはカラーの紙で楽しむ本です。

本の概要

開発熱が高まる10エリアの今後
「大手町・日本橋」「銀座・有楽町」「虎ノ門・六本木」「品川」「晴海・豊洲」「有明・辰巳」
「渋谷」「新宿・外苑」「池袋」「横浜」の10エリアで進行している、延べ面積1万㎡以上の
大規模建設プロジェクトを独自調査。「エリア別詳細MAP」に位置関係を整理して解説します。

綴じ込み地図 「東京大改造でかマップ」
ほぼA全判、昨年と同サイズの大型マップが今年も付きます。上記の10エリアをはじめ23区内の別の
エリア、東京と近接する地域も含めて300超もの開発プロジェクトを地図上に表示します。各開発の
位置関係が分かるほか、道路や鉄道の開発も一目瞭然です。

生活者の「知りたい」に応える防災の最新情報
湾岸地域で計画中の超高層マンション6件について構造安全性や防災対策などを表形式で比較。一般消費者にも
分かるように、それぞれの工夫を解説します。これからのマンショントレンドを知るうえでも必読です。

日経BP社の専門記者による独自取材
<経営>の日経ビジネス、<建築>の日経アーキテクチュア、<土木>の日経コンストラクションなど、日経BP社各誌の
専門記者がそれぞれの視点で取材・執筆しています。情報の正確性・専門性の高さはこのムックの大きな特徴です。

マクロ視点ではマスコミ全力取材にかなうわけもないので、ブログはもっとミクロで住民目線な話を突き詰めたいです。

東京大改造マップ2020 最新版 (日経BPムック) 東京大改造マップ2020 最新版 (日経BPムック)
日経アーキテクチュア,日経ビジネス,日経コンストラクション日経BP社
売り上げランキング : 8714

Amazonで詳しく見る

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 読んだ本とか

    独自の裏街道を行く東京タウンガイド 「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

    インターネットの極北の地である、東京Deep案内をご存知でしょうか?街…

  2. 読んだ本とか

    【書評】かぼちゃ・スルガ・三為などの世界を書ききった快作「やってはいけない不動産投資」

    アベノミクスのメインテーマである金融緩和が始まってから7年。じゃぶじゃ…

  3. 読んだ本とか

    【書評】住まいの解剖図鑑

    こちら、最近買った本ではなく私がモデルルームめぐりをしていた頃に出合っ…

  4. 読んだ本とか

    間取り図トランプを買ってみた

    Twitterのタイムラインに魅力的な商品が流れてきたので出会って4秒…

  5. 読んだ本とか

    資産性の高い中古マンションを買いたい初心者にオススメ「マンションを買うなら60m2にしなさい」

    特殊な考え方ではないと思いますが、私は実用書を買う前は、著者のプロフィ…

  6. 読んだ本とか

    バス便ニュータウン分譲マンションの行く末とは【ニュータウンは黄昏れて】

    先日このブログで紹介した「狭小邸宅」はめちゃめちゃ読まれました。僕が出…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP