不動産業界を外から見た

第10回・前編マンションコミュニティ座談会が公開されました

1月に収録したマンションコミュニティ座談会がようやく公開されました。これで第10回となります。

お題は「マンションの買い替え」・加齢や家族構成の変化と共にライフスタイルが変わっていくわけですが、脱皮のようにマンションを買い換えることができるのか?ということに対して、マンションブロガーが真剣に考えあった回となります。

まずは、6回目の購入・入居を終えたマンションマニアさんが自身の経験から語り始めます。

zadankai10

一生のうちで6回住まいを変える人は普通ですが、6回購入する人はほぼいません。しかも彼はまだ若く結婚もしていません。その点でマンションマニアさんは、スーパーレアキャラなわけですが、そんな彼でも「特に得はしていないし、決して買い替えを勧めてはいない」とさらりと明かすわけです。

zadankai10_manman

いつものブログとスタンスは若干矛盾しつつも、そのあたりは「誰よりもマンションが好き」というマンマニさんの素直なところが前面に出ていますね。

一方、のらえもん自身の買い替えについての立場は、住み替え自体は流動性が高い湾岸地域ならリアリティはあるものの、人生の中で住み替えられるのは一時期だけ、”「引退」か「子育て終わった」か「子供がすごく小さい」か「子供がいない」か”のどれか説を唱えます。

そうでなければ、同じマンション内や学区内での住み替えってことになりますかね。その意味では湾岸のような超大規模マンションが地域にいくつもあるところほど後々の選択肢が豊富となりますから、今後の人生を縛らないという面において流動性がある湾岸物件を私はお勧めしてます。

結構座談会の席上では重い話題となったのですが、その辺は編集の妙でテンポ良くまとめられています。
詳しくは本編でどうぞ。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 不動産業界を外から見た

    分譲マンションの民泊問題はほぼ終止符?これからは管理組合のヤミ民泊対策が重要かも

    昨日「住宅宿泊事業関連法案」が自民党の政策調査会を通過したと私宛にメー…

  2. 不動産業界を外から見た

    レンタルのニッケン跡地にタワーマンション計画??

    豊洲がすてなーに真向かいのレンタルのニッケン跡地に東急のツインタワーマ…

  3. 不動産業界を外から見た

    超低金利下の住宅ローンという制度にはバグがある

    フラット35の不正利用のニュースが揺れています。住宅ローンはそもそも「…

  4. ケーススタディ集

    「不動産価格のピーク後はどうなると思われますか」:ケーススタディー集

    実際に寄せられた相談を元にのらえもんの返信を公開シミュレーションをする…

  5. 損が少ないマンション購入

    フラット35が再び過去最低金利水準に(2013年11月)

    以前、フラット35の金利がヤバいくらい安い!25年4月は過去最安値と書…

  6. 損が少ないマンション購入

    マンション購入後に導入した耐久消費財

    新居に引っ越す際に、耐久消費財を購入するのは値段の大小はあれど当然のこ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP