不動産業界を外から見た

第10回・前編マンションコミュニティ座談会が公開されました

 

1月に収録したマンションコミュニティ座談会がようやく公開されました。これで第10回となります。

お題は「マンションの買い替え」・加齢や家族構成の変化と共にライフスタイルが変わっていくわけですが、脱皮のようにマンションを買い換えることができるのか?ということに対して、マンションブロガーが真剣に考えあった回となります。

まずは、6回目の購入・入居を終えたマンションマニアさんが自身の経験から語り始めます。

zadankai10

一生のうちで6回住まいを変える人は普通ですが、6回購入する人はほぼいません。しかも彼はまだ若く結婚もしていません。その点でマンションマニアさんは、スーパーレアキャラなわけですが、そんな彼でも「特に得はしていないし、決して買い替えを勧めてはいない」とさらりと明かすわけです。

zadankai10_manman

いつものブログとスタンスは若干矛盾しつつも、そのあたりは「誰よりもマンションが好き」というマンマニさんの素直なところが前面に出ていますね。

一方、のらえもん自身の買い替えについての立場は、住み替え自体は流動性が高い湾岸地域ならリアリティはあるものの、人生の中で住み替えられるのは一時期だけ、”「引退」か「子育て終わった」か「子供がすごく小さい」か「子供がいない」か”のどれか説を唱えます。

そうでなければ、同じマンション内や学区内での住み替えってことになりますかね。その意味では湾岸のような超大規模マンションが地域にいくつもあるところほど後々の選択肢が豊富となりますから、今後の人生を縛らないという面において流動性がある湾岸物件を私はお勧めしてます。

結構座談会の席上では重い話題となったのですが、その辺は編集の妙でテンポ良くまとめられています。
詳しくは本編でどうぞ。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35の金利がさらに低下中!2月3月は絶好の借り換え時到来。

    毎度定期ポストのようになってきましたが、フラット35の金利が更に低下中…

  2. 不動産業界を外から見た

    ヤフーとソニー不動産によるおうちダイレクトの現状とこれから

    2016年2月24日付・日経MJ7面にて、ソニー不動産とヤフーが組んで…

  3. 損が少ないマンション購入

    地価LOOKレポート 平成25年第3四半期版が公開される

    国土交通省が四半期毎に発表している地価LOOKレポートが発表されました…

  4. 損が少ないマンション購入

    今年も一年ありがとうございました。1年間のランキング!

    2014年もそろそろ終わりです。物件の高騰と金利の低下をウォッチン…

  5. 損が少ないマンション購入

    住まい選びは最終的にパッションである

    HOMES PRESSの東京カンテイ中山さんのエントリ「マンションを選…

  6. 損が少ないマンション購入

    フラット35と変動金利の金利比較

    フラット35が再び過去最低金利水準に(2013年11月)のエントリを上…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP