晴海

2020晴海選手村の環境評価書が公表される

2020年東京オリンピック。本日デザインが決まった新国立競技場と同じくらいのビックプロジェクトが、中央区晴海に建設されるオリンピック選手村です。オリンピック・パラリンピック開催後は、分譲住宅一部賃貸住宅として供給されます。事業区域面積18万平米・約5950戸供給という今後日本でこの規模の新規住宅開発は無いのでは?と思えるほどの規模となります。

harumi_sensyumura01

上記、仮設エリアはオリンピック後に学校やショッピングセンターが建設される予定です。

ここは、現状鉄道駅からどこからも遠いのですが、開催前に都心と臨海副都心とを結ぶBRTの整備が行われます。選手村は、特別扱いでここ始発のBRTも用意される予定です。下図でいうシャトルルート2となります。

harumi_sensyumura02_brt

このたび、東京都オリンピック・パラリンピック準備局から、実施段階環境影響評価書が出されました。

まず驚いたのは、宿泊施設の概要。階数と高さを考えると、かなり恵まれた階高となることがわかります。通常、60mは20階もしくは19階となります。1Fに共用部が置かれるとしても体の大きいオリンピック選手でも圧迫感を感じないような住宅となるのかもしれません。

harumi_sensyumura03

harumi_sensyumura04

他の断面図を見ても、駐車場はすべて地下に作ることになりそうです。広場部分の地下は駐車場。普通の板状マンションでは考えられないほど贅沢な作りとなってます。これは驚きました。緑地面積を相当重視した結果だと考えます。恵まれてますね~

harumi_sensyumura05

図面を見る限り、5-5街区の建物間の広場はすべて駐車場になりそうな勢いです・・・

報告書一式ダウンロードすると、212ページにもなりますが、私が興味深いと感じたのは上記建物と駐車場の取り扱いでした。他にも晴海地区にはトビとかモズとかいるようですね。東京都ではなかなか見ることが無い鳥です。

harumi_sensyumura07

工事後も、これらの生態系は守られるとのことで、都内ではなかなか見ることのできない昆虫や鳥を見る機会もありそうです。

ちなみに、晴海のこのあたり、かなり急峻に地盤面が深くなっている場所です。万が一のこともあり、杭はしっかり調査の上打たれると思います。

harumi_sensyumura06

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 東京オリンピック2020

    2020年東京オリンピック選手村の規模は5000戸・中層住宅に

    日経新聞電子版に記載がありました。2020年・東京オリンピック選手…

  2. 東京オリンピック2020

    有明アリーナの基本設計が公開!

    2020年東京オリンピックにおける数少ないレガシー施設となる「有明アリ…

  3. はじめに

    2020年・東京オリンピック開催決定!!!

    2020年のオリンピックは56年ぶりの東京に決まりました。招致関係者の…

  4. 東京オリンピック2020

    あと1年早ければ・・・都政改革本部のオリパラ調査報告書を読んだ

    小池都知事が都庁に乗り込んではじめにやることは、自らの政治資産構築(手…

  5. 東京オリンピック2020

    速報:晴海の選手村跡地には50階建ツインタワーマンションを建設

    東京都が"「選手村 大会終了後における住宅棟のモデルプラン」について"…

  6. 東京オリンピック2020

    「聞かせて!あなたのオリンピック・パラリンピック」が開かれるらしい

    江東区内の4か所(北砂・越中島・亀戸・有明)で区が主催の「聞かせて!あ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP