住宅ローンや資金繰り

購入と賃貸の比較・金利3%でバランスするよう設計されている

永遠のテーマである、購入と賃貸の比較。SUUMOで半年に一回見るようなテーマですが、改めて考えてみましょう。

「購入vs賃貸」のような比較シミュレーション比較表を見たことがありますか?
下記は金融広報中央委員会(http://www.shiruporuto.jp/life/jutaku/ksikin/ksikin101.html)が出している比較シミュレーションの一例です。毎月の返済額が出典元では間違っているので計算し直してみました。

chintai_hikaku_01

購入と賃貸の比較シミュレーションの前提条件:

<購入>
3,500万円の物件、頭金500万円、諸費用180万円
3,000万円借入れ、3.0%全期間固定、30年返済 毎月返済額 約12.6万円
管理費・修繕積立金 毎月1万円づつ(修繕積立金のみ5年毎2割アップ)
固定資産税・都市計画税 毎年15万円
50年間の間に、室内の修繕費300万円がかかるものとする(25年目に一括計上)
金額は変動しないものとして計算

<賃貸>
家族構成などにより、引越しを行う
賃料
当初4年間 毎月10万円
5~26年目 毎月15万円(この間に一度引っ越し)
27年目以降 毎月12万円
入居時 敷金、礼金、仲介手数料 4か月分、引越し費用30万円
更新料、2年ごとに1ヶ月分
金額は変動しないものとして計算

出典:金融広報中央委員会

この例だと、47年で費用がクロスしますが、ほぼどっちもどっちという結果です。この結論は、他で取り上げられているシミュレーション結果でもほぼ同じような前提で結論も同じ、インフレもデフレもない世の中を仮定すれば平均固定3%くらいでバランスされるよう設計されていることがわかります。ただ、現時点で見れば3%で計算する必要がないのも自明です。フラット35は現在1.57%、こちらで計算すべきではないかな、と。

フラット35は団体信用保険がついてないので普通なら+0.3%の団信を付けますが、シミュレーションするなら賃貸でも残債分の生命保険費用が発生します。ということで、相殺して団信は考えないものとしてグラフを引きなおしてみましょう。ここ1〜2年の、だいたいの平均値1.7%、銀行で固定10年1%で借りた場合もオマケでつけました。

chintai_hikaku_02

金利が安くなれば、月々の返済額も安くなりますので、グラフで言えばクロスポイントは左にずれていきます。

同条件なら、固定1.7%なら38年、1%なら34年でグラフはクロスします。厳密に言えば1%は24年で一度並びますが、改装費用300万円の計上が響いて、次に交わるのが34年になりました。

さらにこの費用計算は、

  • 新築時の固定資産税の減免
  • 10年間の住宅ローン減税
  • 銀行ローンなら残債分の生命保険費用

あたりが入っていません。当然こうした要因はさらにクロスポイントを左にずらすことにつながります。

住宅ローンは、誰もが組めるものではありません。メインターゲットは25歳〜40歳のわずか15年間という特殊な金融商品で、信用力のある個人、もっといえば税制的には搾取対象であるサラリーマンに特に有利にできています。
現在の低金利と国の住宅購入優遇政策は、自由経済では前提であるべき「購入と賃貸を比較するとどちらかに極端な有利不利はないはず」という当然の結論を歪ませているのです。

P.S.
ただし賃貸費用には強い下方硬直性がありますが、大きく上ぶれもしません。現在のようなマンション価格高騰期ですと、先ほどのグラフが右にずれる要因となります。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 住宅ローンや資金繰り

    来年前半は住宅ローンの実行&借換の絶好の好機になりそう

    住宅ローン10年固定金利が1%を切る銀行も現れています。住宅ローン…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローン減税が40平米以上に対象拡大?また控除額も見直し?その影響とは

    日経新聞にこのような記事が出ていました。のらえもんは40平米への拡大は…

  3. マンションブロガーが答える

    住宅ローンで2つ以上の家を持つ「ヤドカリ投資」終了のお知らせ

    のらえもんのメールフォームには、日々様々な質問が寄せられるのですが、以…

  4. 住宅ローンや資金繰り

    投資用区分マンションを持ったままで住宅ローンは組めるの?

    読者様より、以下の質問をいただきました。−−−のらえもんさ…

  5. 中古マンションの買い方・売り方

    中古マンションの値引き交渉ってできるの?値引きができそうなパターンと実際の事例

    不動産デベロッパーが売主の新築マンションと違い、中古マンションの売主は…

  6. 購入検討初心者シリーズ

    マンション購入概論:流動性から見た湾岸タワーマンションの優位性

    前回は、「サラリーマンの資産はほとんど持ち家に依存するのだから、ここで…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • tanaka
    • 2015年 4月 16日

    港区の湾岸エリアで試算してもらうことは可能ですか?物件価格や賃貸価格の前提条件が大きく変わってくると思いますので。

    • のらえもん
    • 2015年 4月 16日

    >>tanakaさん
    エクセルで10分あれば作れますのでご自身でお願いします。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP