小ネタ

アジア富裕層が都心の物件を物色中!?

パークタワー豊洲をシンガポール華僑さんが大人買いされる」の関連エントリです。

3/12の日経新聞に「アジア富裕層、都心の高級住宅を積極購入 円安で」との記事が載りました。
(以下の記事は日経新聞社Webページより)

アジア富裕層の間で東京都心の高級マンションを購入する動きが広がってきた。日本の金融緩和に伴う円安の進行で従来以上に価格に割安感が出ているためだ。仲介業者はシンガポールや台湾での商談会を増やしており、昨年比5割増の成約を見込む会社もある。デベロッパーも海外向け販売に積極的。海外からの個人マネー流入に一段と弾みがつき「アベノミクス」の効果は株や債券だけでなく不動産にまで波及しつつある。


台湾の不動産仲介大手、信義房屋仲介は台北のホテルで毎月開く商談会の参加人数が今年に入り2倍に膨らんだ。毎回40~50人程度だったが急速な円安が進んだ昨年11月以降、100人以上が参加している。
同社の日本法人トップ、林彦宏氏は仲介数と取扱額ともに「2013年は前年比5割増」とみる。12年は新築・中古合わせて174戸を仲介、取扱額は約84億円だったが、13年の仲介数は50%増の260戸程度、取扱額は55%増の130億円前後になるとの試算だ。
世界有数の不動産サービス会社、米ジョーンズ・ラング・ラサールはこの分野で昨年末、日本へ参入。シンガポールの富裕層向けに東急不動産や三井不動産などが都心部で手掛けた物件を扱う。
30~40歳代の投資家が5000万~7000万円の物件を賃貸目的で購入するケースが多いが、ここにきて訪日時の住まいとして1億円超の高額物件を求める投資家も出てきた。今年1年で200戸程度の仲介を見込み、年内に香港でも商談会を開く。
居住用不動産を1棟丸ごと取得する動きもある。既に日本で事業展開する香港の中堅不動産HKRインターナショナルは賃貸用マンションを対象に物件取得を増やすとみられる。昨年末に東京都心などでマンション4棟を約57億円で取得したドイツの不動産ファンドは高額物件のさらなる取得を探る。
今後は「外資が直接新築物件を開発し、海外投資家に分譲する動きに発展する可能性もある」(不動産コンサルタント)との分析もある。
背景にあるのは海外との物件の価格差だ。かつて東京都心のマンション価格は「アジアで最高」(ドイツ証券の小夫孝一郎不動産投資銀行部ディレクター)だったが、バブル崩壊で急落。その後は低位安定が続く。
一方、海外の主要市場は00年代半ばにかけて住宅ブームが起きた。香港やシンガポールの価格は00年の1.5~2倍になり、都心部の同程度の広さの物件の価格は「東京を上回る」(小夫氏)。中華系を中心とするアジアの富裕層は株や債券などより不動産など現物資産を好む傾向が強く、かねて割安な東京で投資機会を探っていた。その背中を円安が押した形だ。
新築物件を供給するデベロッパー各社も変わってきた。言葉の壁や融資の問題から海外向け販売に消極的だったが、三菱地所など数社が台湾の仲介業者が扱う物件の6割を提供するなど海外業者との接触を増加。首都圏のマンション市場縮小をにらみ顧客の裾野を広げる戦略に転じている。

シンガポールだけでなく、台湾でも商談会が開催されているそうです。先日のNHKニュースで紹介された、三井と組んパークタワー豊洲をシンガポールで売っていた会社は「ジョーンズ・ラング・ラサール」という会社のようです。


画像出典:ジョーンズ・ラング・ラサール公式Webページより

日本語ページは情報少ないようですが、中身読んでみますと、、、「ザ・パークハウス 新宿タワー商談会をシンガポールで実施」等、鼻息荒いページが出てきます。

最近の株高も海外からの投資マネー流入によるものなのですし、日本へお金が入ってくることは歓迎すべき傾向です。
でも、海外の投資家に買い上げられて庶民が買えなくなると困・・・そんな心配は無用でしょう、大幅な価格上昇はありません。特に湾岸部はこれからマンションの供給戸数がすさまじいペースですから、需給の改善にはつながってみんなハッピーじゃないでしょうか。

ただ、海外の投資家が一定以上区分所有者となってしまうと、管理組合運営が大変そうです(このへんはデベさんコントロールされるのでしょうか?)。。。議案書とか英語に翻訳して海外に送付するのとか??よくわかってません。

しかし、日経新聞の最終段「マンション市場縮小をにらみ顧客の裾野を広げる」って、、、基本的に自家居住目的じゃなくて将来の転売・当面賃貸の投資目的だと思うのですが、縮小するのがわかっているなら「海外でよくわかってないカモを見つけて売りつける」ということにしか見えません。この辺りは日経新聞記者さんの感想部分なのかもしれませんが、、、ま、バブルはいつかはじけますし、手持ちの膨らんだ金融資産を香港シンガポール上海あたりの不動産に付け替えるくらいならを、日本のマンションの方が大ヤケドしなくてすみそうです!

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 小ネタ

    HOME’S新築分譲マンションで360度パノラマ画像が見えることに

    新築マンションのモデルルームは実際には写真撮影原則禁止だったりします。…

  2. 小ネタ

    タワーマンションの騒音は、隣よりも上階騒音の方が大きい

    先日書いた「タワーマンションによくある"乾式壁"の防音効果は?」の続き…

  3. 小ネタ

    順梁と逆梁、構造が生み出すマンション外観デザインの違い

    勝どき ザ・タワーの総評にて、「逆梁アウトフレーム構造が生むライン、シ…

  4. 小ネタ

    無印良品の家・有楽町家センターに行ってきました

    週末に、銀座に用事があったのでついでに無印良品に立ち寄ってみると、有楽…

  5. 小ネタ

    【小ネタ】自動運転車の普及が進むとマンション市場は変わるのだろうか

    都心と臨海副都心とを結ぶBRTには、自動運転技術がある程度盛り込まれる…

  6. 小ネタ

    豊洲地図さんにインタビューされました

    Twitter上のみの設定でしたが、インタビューにあたってプロフィール…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP