小ネタ

東京の地盤資料を「東京都土木技術支援・人材育成センター」が公開中

湾岸マンションは、70m超の杭基礎を持つマンションから、直接基礎のマンションまで様々あります。実は、同じ地名でも数十m離れると岩盤までの距離がまったく違ったりします。
70m超の杭基礎だから心配なのかと言われれば、現代のタワーマンションの基準なら基本的に大丈夫でしょうが、岩盤までの距離が短い方が精神的には安心しますよね。

実は東京都が実施したボーリング調査は無料で公開されています。

上図は豊洲の地図ですが、番号の柱状図が公開されていますので、どこの地点だと岩盤(N値50以上?)まで近いかわかります。

上図ですと、豊洲のららぽーとが建っている場所は「12」ですね。

詳しくはpdfの凡例を見ていただきたいのですが、右側にN値(=地盤の堅さ)が書かれています。
ららぽーと豊洲のあたりは13mから岩盤になりますね。

豊洲ワンダフルプロジェクトはどうでしょうか?

↑クリックすると大きくなります
ちょうど建物が建っている場所のボーリング結果は書いていないのですが、82、83、42、43あたりが近い場所です。これによると25〜30mくらいのあたりに岩盤がありますね。

みなさんもご近所を調べてはどうでしょうか?

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 小ネタ

    さくら事務所長島社長が予想する今後の不動産価格

    さくら事務所は、新築内覧同行・中古住宅診断などを手がける設計事務所です…

  2. 小ネタ

    豊洲地図さんにインタビューされました

    Twitter上のみの設定でしたが、インタビューにあたってプロフィール…

  3. 小ネタ

    祝!ブログ1周年!これからもよろしくお願いいたします。

    マンション購入を真剣に考えるブログを始めてから、早いもので1年経ちまし…

  4. 小ネタ

    【週末特集】これからリセールバリューは低下していく

    更新が最近滞ってましてすいません、のらえもんとある事情がありまして、ブ…

  5. 小ネタ

    豊洲二丁目駅前の商業ビル開発事業の認可が下りる

    東京都の報道発表資料で、豊洲二丁目駅前再開発事業の詳細が発表されました…

  6. 小ネタ

    【新年特集】ソニー不動産のビジネスモデルが成立するか脳内シミュレーションしてみた

    昨年不動産仲介業に参入したソニー不動産が話題を呼んでいます。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP