HARUMI FLAG 晴海選手村

コロナショックが浮き彫りにする、これからのマンションに求められるもの

私、週1でしかリモートワークを使っていませんけど、オフピークしててもあからさまに電車が空いてますね!日本人やればできるじゃん。

今回、狭い場所に集まっているのよくないということで、かなり多くの企業で在宅勤務が一斉に開始されていると聞きました。そして気づいてしまったかもしれません。

「あ、リモートワーク快適じゃん。もう週2・週3の勤務でよくないか」と。
もっといえば、「求められるのは結果であり、時間拘束ではない」ということも。

社会の流れがもしそうなれば。いや、社会全体がそうならなくても今回導入した多くの企業でリモートワークの利用が「ふつうのコト」「利用するのが憚られない雰囲気」になれば、通勤電車の”痛勤”は劇的に緩和されますし、1時間電車に揺られることも、週3なら我慢できる、という人も出てくるかもしれません。となれば、

少しでも都心に近く!駅チカ!!利便性!!!そのためには、狭くてもやむをえない!

いまのマンショントレンドが変化して、「都心から少し遠い街でも自分が気に入った場所に住む」「リモートワークが前提になるので、部屋に広さが必要になる。狭くてもいいから夫婦それぞれ、ゆるやかに干渉されない書斎スペースがいる」など、住宅選びに多様性が出てくると良いと、私は思っています。

リモートワークは、仕事中に雑事に邪魔されないことが大前提。夫婦それぞれ別会社であれば、セキュリティの観点からも最低限の衝立や壁が必要です。今、主流になりつつある50平米前後2LDK住まいとなると、DINKSならともかく子どもがいた場合は、さすがにスペースの問題で詰みます。

ここでは、3つの可能性について考えます:

①マンションの中、もしくは至近距離にコワーキングスペースが入居している物件が人気化する

例えば【幕張ベイパーク】の中に「TENT幕張」というコワーキングスペース&シェアオフィスがあります。幕張ベイパークは長い時間をかけてタワーマンションが6本建っていく予定ですが、その入り口にこうしたスペースが用意されているのは本当に心強いですね。

TENT 幕張 公式Webページより

他にも、【ブリリアタワー有明ミッドクロス】の2Fにはミッドクロススクエアが入居します。これは地域住民にも開放されたワークスペースが設置され、当然ここの住民はリモートワークが可能になると聞いています。こうしたプロジェクトはこれから増えていくでしょう。

②スタディスペースがある物件が、一部テレカン対応になるなど進化する

タワーマンションで人気の施設といえば、スカイラウンジやジムだと思うじゃないですか。実は、スタディスペースが人気です。子どものswitchから中高生の勉強、大人の仕事まで大人気。でも、スタディースペースではテレビ会議ができません。お静かに、というのが原則ですので。ならまだ、スカイラウンジの方が声を出せていいのかもしれない。

勝どきザタワーのスタディールーム。

空調の関係もあるでしょうけど、高速無線LANにテレカン対応できる個室になれば、更に利用価値が高まると思います。いま企画されている新築マンションですと、単身者向けマンションである、【リビオレゾン勝どきnex】にはコクヨと提携したワークラウンジが付帯します。同種のアイデアとしては、コインランドリーとかけ合わせた【イニシア大森町N’sスクエア】、マンションとは別の独立共用棟に予約制個室まである【ルネ横浜戸塚】などがあります。

リビオレゾン勝どきnex 公式Webページより

③必要部屋数+2畳といったDEN、マルチスペースが人気化する

DEN=納戸の事ですが、「こもり部屋」「書斎に使えそう」なスペースがこれから人気でそうです。寝る場所・暮らす場所ではなくて、あくまでも集中して仕事に向かう場所なら、空間の狭さはむしろ武器になります。いま、土地と建築費の高騰で非常に厳しい状況ですけど、特に近郊・郊外マンションなら、これくらいのスペースを付加価値として認めても良いのではないでしょうか。

 

いかがでしょうか。実は、

  1. マンション単体でスペースを囲わず、外に開かれたリソースに容易にアクセスできるようにする
  2. マンションの共用リソースとして、リモートワーク対応スペースを作る
  3. 専有部内に、リモートワークに適したサイズの場所を作る

という3段階のアイデアです。1の発展形として隣接商業施設やビル内にコワーキングスペースが入居しているところが人気化するなども考えられるでしょう。

なお、駅近に必ずしもこだわる必要が無い、専有部や共用スペースでリモートワークをして、充実した毎日を過ごす、ということでしたら・・・やっぱりHARUMI FLAGが最適解のような気もします。海と緑に囲まれ、様々な共用ワークスペースも用意されて、駅から遠いけど物理的には近いので電車に乗ってしまえば楽々都心アクセス。やはりずるい。

HARUMI FLAG 公式Webページより。棟をまたいでさまざまな共用スペースが利用できる。その中には超高速の無線LANが整備されたワークできるスペースもある。物理的な距離も都心に近い。

コワーキングスペース入居物件の資料がほしい!

Brillia Tower 有明 MID CROSSのパンフレットが届く。資料請求してみよう!

無料で資料をもらう

Powered by LIFULL HOME’S

ワークラウンジ付き物件の資料が欲しい!

リビオレゾン勝どきnexのパンフレットが届く。資料請求してみよう!

無料で資料をもらう

Powered by LIFULL HOME’S

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. HARUMI FLAG 晴海選手村

    晴海フラッグの販売再開はいつ?売れ行きは?価格や住宅としての評価をまとめてみました

    のらえもんブログ読者様よりこんなお手紙をいただきました。「現在…

  2. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAG(晴海フラッグ)SEA VILLAGE 【第二期価格表】

    好評だったHARUMI FLAGのモデルルーム訪問記、SUNと同時にS…

  3. マンションブロガーが答える

    【マンションブロガーが答える】住まいを公開されないんですか?

    世の中には、不動産マニア・建物マニア・建物マニアという方々が、みんなが…

  4. マンションブロガーが答える

    住宅価格高騰時代の住宅購入について考える その1

    超多忙によりのらえもんブログの更新が滞っており大変申し訳ございません。…

  5. HARUMI FLAG 晴海選手村

    日本における今世紀最大の住宅開発?「HARUMI FLAG」(晴海選手村)情報解禁!

    キタキタキタキター!!!晴海選手村の情報が一気に解禁!その名も…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP