湾岸ニュース

東京都が「東京ベイエリアビジョン」(仮称)を策定すると発表

ちょっと妄想込みで。
TOKYO2020以降の成長エンジンは、東京ベイリアが担う!
東京都が突如として、個別計画の枠を超えた総合的なビジョンとして「東京ベイエリアビジョン」を策定すると発表。東京と日本の今後の成長はココだ!と宣言しました。いきなりブッこんできた大ニュースですね。

このエリア構想の画期的なところは、従来「湾岸」と言われていた場所は「臨海副都心地域」に限られるか、拡張しても「豊洲晴・海開発整備計画計画」くらいのエリアだったところ、今回、視点をもっと広げて区をまたいでズームアウトし、湾岸の各島だけでなく、築地を湾岸の玄関口として定義。そこに品川・羽田・海の森まで「東京ベイエリア」として捉えたところが革新的ですね。

築地市場再開発のキーワードは「新たなブランドの創出・交流地点」となりました。晴海は「環境先進都市のモデルケース」(選手村の事を言ってるのでしょう)、豊洲「市場の活気と賑わいを活かす」、台場は「アーバン・ウォーターフロント」、青海は「リゾート&イノベーション」、有明は「スポーツとイベントで賑わうまち」と定義されています。有明は”有明レガシーエリア”で同じ事を書いています。

IR法案が可決したことを受けて、出遅れ気味だった東京も手をあげるものと思われます。この地ならしなのかもしれません。また、この臨海部の横軸はJR羽田空港アクセス線臨海部ライン、縦軸はつくばエクスプレスの臨海部延伸構想と重なります。クロスポイントが有明もしくは台場ということになりますが、この構想の進展に期待したいですね〜。

ちなみに、東京でIR施設候補地として手をあげるとしたら、本命青海、対抗中央防波堤、大穴有明4丁目くらいしかないと思うんですが、青海以外は現状公共交通機関全くダメですね。青海も3丁目だとすると行く手段が現状無い。羽田空港からトンネル掘るか、函を埋めるかしてもらいますか。え?もしかして築地ですか?

築地は無理にIR取りに行かなくても浜離宮恩賜庭園との一体再開発で六本木ヒルズを超えられないですかね。

追記:

この中に勝どきと東雲が無い理由ですが、都有地がいっぱい残っていて、東京都の裁量でどうとでもなる地域ということでしょう。公園だってイベントや店舗に区画貸しできますからね。

あと日経新聞によると、2019年末を目処にまとめるそうです。。。ちょっと時間かけすぎじゃないでしょうかね。
民間の知恵も借りられるとのことですが、のらえもんと湾岸丸先生は呼ばれたら行きますよ。

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 湾岸ニュース

    東京湾大華火祭は2015年が最後かも

    東京都湾岸地域の夏の風物詩、「東京湾大華火祭」ですが、2015年が最後…

  2. 新交通など

    豊洲新市場の開場に伴うバス路線の新設と増便

    豊洲新市場が11月からオープンすることになり、江東区鈴木あやこ議員のブ…

  3. 湾岸スポット・イベント

    豊洲新市場の千客万来施設の概要が固まる

    豊洲新市場の観光客向け付帯施設「千客万来施設」は30年の定期借地権で公…

  4. 有明

    有明「にぎわいロード」の開通が再延期に

    有明住民?にごく稀に届く「ありきた」。東京都都市整備局が発行しています…

  5. 湾岸ニュース

    新豊洲のエンタメ&イベントスペース化がどんどん進む

    新豊洲(豊洲埠頭)はいま、11月7日オープンに向けてちゃくちゃくと工事…

  6. 東京オリンピック2020

    晴海選手村開発(晴海五丁目西地区)の計画概要が明らかになる

    6月29日にアートはるみで行われた晴海地区まちづくり協議会資料の一部を…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2018年 7月 23日

    ただのブロガーが呼ばれることは無いと思ったのですが、のらえもん様はそんなに偉いのでしょうか?

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP