住宅ローンや資金繰り

【注意】住宅ローンの借り換えに際する注意事項

マイナス金利の発表以降、「借り替えたい」という人がわんさか出てきました。

「マイナス金利、家計にも波及」日本経済新聞
2016/2/9 18:00 (2016/3/9 18:00更新)/魚拓リンク

日銀のマイナス金利政策を受け、住宅ローンの借り換えが急増している。三井住友銀行など主要8行の2月の借り換え申込件数は約2万8千件で、前年同月比2.5倍に増えた。各行が住宅ローン金利を過去最低水準に引き下げたため。

上記日経記事でも触れられていますが、よく言われる「残債1000万円以上、金利差1%以上」でなくとも、この低金利なら元が取れる可能性が高いです。期間が長ければ、金利差0.3%未満でも元手が取れる計算となります。
たとえばコメント欄のこの方の計算

「今は5年固定の金利0.58%、その後の金利優遇は-1.7%ですが、借り換え試算すると、手数料差し引いて、10万プラス、団信のお金が40万以上帰ってくるので、50万ぐらいは得しそうです。まだ借りて1年ちょいで残債結構残ってます。再優遇を受けられるのが前提ですが、大きいですよね。」

なんですが、残念ながら実はこの場合は成り立ちません。他にも同様の相談をいただきましたが、住宅ローン借り換えの際に大きな落とし穴があるからです。

一部の銀行には奇妙な内規がありまして、「2年以内の借り換えは物件時価の7~8割しか担保価値を評価しない」のです。ですので、フルレバレッジでの借り換えは無理で、借り入れの際、頭金3割入れている人しか2年以内の借り換えは事実上できません。逆を返せば2年以上なら担保評価は上がる、ということになります。

2014年の半ばから年末にかけて購入された方はしばらく金利とのにらめっことなりそうですが、日銀はいったん出したマイナス金利をすぐに引っ込める事はなさそうです。日銀の政策的には住宅の新規購入需要を伸ばしたかったはずですが、この目論見はいまのところ外れて借り換え需要の方が過熱しているのは皮肉な事です。借り換えは銀行間の競争だけで需要を生みません、家計を多少暖める効果はあっても銀行収益にはダメージとなりそうです。

(ま、裏を返せば新規借り入れから2年以上経ってる人は、まだ借り替えてないの?ってことにもなります・・・。上記りそな銀行が固定10年借り換えでは最も安い金利を提示しています)

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35の金利がさらに低下中!2月3月は絶好の借り換え時到来。

    毎度定期ポストのようになってきましたが、フラット35の金利が更に低下中…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    2016年7月の住宅ローン相場

    日本国際10年利回りが−0.2%を大きく下回ってももう誰も驚かなくなっ…

  3. ケーススタディ集

    「転職しました。住宅ローンは通りますか?」:ケーススタディ集

    このケーススタディ集は、のらえもんに実際にあった相談を元に、情報をぼか…

  4. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローン2016年10月金利と今後の予測

    各社10月の住宅ローンの金利が出ましたね。まずは9月21日に発表された…

  5. ケーススタディ集

    【ケーススタディ集】年収1000万円からのマンション購入

    気軽にTwitterの質問を受けられるサービスを、ask.fmから質問…

  6. マンションブロガーが答える

    住宅ローンで2つ以上の家を持つ「ヤドカリ投資」終了のお知らせ

    のらえもんのメールフォームには、日々様々な質問が寄せられるのですが、以…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2016年 3月 18日

    のらえもんさま

    いつもためになります。
    フラット35Sからの借り換えも同様でしょうか?

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP