東京BRT

BRTの運行事業者決定と千客万来施設事業の再募集開始

東京都から立て続けに二つの発表がされています。

まずは、都心と臨海副都心BRTの運行事業者が、「京成バス」に決定されました。
都心と臨海副都心とを結ぶBRTの運行事業者を選定しました

270902keisei

これは意外でした。都バス単独もしくは都バス+民間バス事業者だと思っていたからです。委員付帯意見を見ると他の事業者からも手が上がっていたようですが、「高い具体性と初期投資を抑える工夫」が評価されたようです。

BRT想定ルートと駅配置案

brt_basicplan02

ここで気になるのは、わざわざ臨海副都心の土地利用計画を見直してまで作った公共公益系用地です。こちらの赤枠で囲ったところに「地域内外の公共交通の増強のための用地」が新たに確保されているからです。都バスBRTを見込んだものと思っていましたが、運営主体が京成と決まり、今後どうなるのでしょう?BRT用駐車場前提だとは思いますが・・・

rinkai_tochi

もうひとつのニュースは、すしざんまい撤退以降中断されていた、千客万来施設・6街区の再募集です。

千客万来施設事業(6街区)整備・運営事業者の募集について

5街区部分は計画凍結されたままで、6街区を条件緩和の上に再募集をかけるようですね。下図の黄色い部分となります。現地行ってみればわかりますが、狭いと言えば狭い、広いと言えば広いような中途半端な大きさの土地です。しかも環状二号線に車の出入り口を設けられない極めて難しい条件となっています。

千客万来施設・6街区の位置

senkyakubanrai20150918

前回の反省を踏まえて事業用定期借地権設定を30年から50年へと、条件が緩和されています。併せて以下3つが特記事項として書かれています。

1:市場・場外事業者との調整
市場・場外事業者との調整が必要な場合、都が連携して実施
2:事業の譲渡
都の承諾により、代表企業の地位、事業用定期借地権及び施設を一括して同一事業者に譲渡が可能
3:基本協定の締結
事業予定者が、故意に選定後3カ月以内に基本協定を締結しない場合、都に対して損害を賠償

うーん、特に3番ですよね。すしざんまいにさんざん引っ張られた挙句、潰されて賠償金を取れませんでしたから。次回はしっかりしてほしいですし、豊洲新市場開場後、すみやかにこちらもオープンしてほしいですね。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 新交通など

    “東京圏の新しい鉄道整備基本計画”に向けた中間整理が公表される

    このブログでも何回か触れていますが、2015年は勝負の年!何の勝負かと…

  2. 豊洲

    今買える中古湾岸タワーマンション紹介【豊洲編】

    最終期に入ったBYAZの販売が終了すると、「パークタワー晴海」と「パー…

  3. 東京BRT

    勝どき〜虎ノ門間が7分?東京BRTのデザインが発表!

    東京オリンピックの準備が着々と進む東京臨海部。ここと都心を結ぶ東京BR…

  4. 湾岸ニュース

    湾岸タワーマンションにおける民泊解禁について、ついに落としどころが出る

    規制改革会議が5月19日に出した第4次答申が発表されました。htt…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP