湾岸ニュース

第二有明中が整備される&第二有明小は「木材を多用した校舎」

有明北地区の西側に建設が予定されている「江東区第二有明小学校」ですが、同時期に「第二有明中」も整備されるようです。
江東区の平成26年度当初予算(案)概要の中で、整備事業が盛り込まれています。

ariake_2nd_school

第二小学校は平成28年度4月開校予定ですが、1年遅れて中学校も開校するようです。敷地については書かれていませんでしたが、めぼしい敷地もありませんし小学校に隣接すると考えられます。

また、産経新聞に「第二有明小は木材を多用した校舎になる」という発表がされています。

木材を多用した中学新設へ 臨海部のマンション林立を受け、東京・江東区
産経新聞 2014.2.5 22:42
江東区は5日、臨海部のマンション建設ラッシュで子供の数が増えたのを受け、平成30年に木材を多用した第二有明中学校(仮称)を同区有明に新設すると発表した。
(中略)
区は、江戸以来の貯木場の町で、公共建築物の木材利用促進法に基づき、床、壁、天井などで木材の使用量を増やす方針。26年度予算案に2900万円を計上し基本設計に取り組む。総事業費は約65億8千万円。

山崎孝明区長は「木のぬくもりは子供たちの成長に必要。一方、木を切り、どんどん使うことで森が育ち、林業が再生する。驚くような木を用いて、斬新な校舎にしたい」と述べた。

私がこどもの頃は、コンクリート造の校舎が当たり前でしたが、近年では木造・内装に木を多用した校舎が増えているようです。

木の校舎は学校が好きになる効果や、疲労感の軽減、インフルエンザ予防(ほんまかいな)などに良い影響があるようです。

有明小も内装材には木材が結構使われています。
山崎江東区長は年頭インタビューでも「木造競技場を作りたい」と言うほど木の建物にこだわりがあるようなので、ぜひ斬新で教育に良い校舎をお願いしたいです。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 湾岸ニュース

    東京湾大華火祭は2015年が最後かも

    東京都湾岸地域の夏の風物詩、「東京湾大華火祭」ですが、2015年が最後…

  2. 有明

    東京オリンピックの有明地区競技場建設計画に一部変化

    先週末あたりから、東京オリンピックの競技場関連のニュースが続いています…

  3. 湾岸ニュース

    環状2号線の新橋〜虎ノ門間が開通

    2015年に全線開通予定の環状2号線ですが、新橋〜虎ノ門が先行開通しま…

  4. 湾岸ニュース

    晴海選手村跡地の超高層タワーによる眺望影響の検討

    タワーマンションに住むことのメリットを突き詰めて考えると、最終的には眺…

  5. 新交通など

    豊洲〜住吉間の新線がいよいよ現実的に?

    江東区が新市場受け入れの前提としていた豊洲〜住吉間の新線、「地下鉄8号…

  6. 湾岸ニュース

    豊洲新市場・千客万来施設は仕切り直し。条件を緩和して再公募?

    千客万来施設の辞退について、東京都からもプレスリリ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP