損が少ないマンション購入

間取りの検討と同時に構造梁の位置も検討しよう!


画像の出典:イニシア豊洲コンフォートプレイス公式webより

当ブログは、坪単価計算の際、間取り評価はあえてしていませんでした。
坪単価は、同じマンション内でも

  • バルコニー面積が広く、それゆえ窓面積が大きいワイドスパン
  • 通風や採光に有利な角部屋
  • 玄関を開けてそのままリビングが見えない中入り玄関
  • 廊下面積を極小にして部屋面積を広く取る間取り
  • ルーフバルコニー付

などなど、様々な要素によって価格は決定されます。

窓面積が小さく間取りもよくない65平米より
窓面積が大きく廊下面積が少なく間取りがよい60平米の方が
評価、価格は高くなるに決まっていますが
ここまで換算すると手間があまりにもかかるからです。

坪単価計算は絶対的な評価手法であってあとは割安な部屋から
自分のライフスタイルに合う間取りを見つければよいと考えています。

どのような間取りを選ぶかは好み価値観あると思いますが、
多くの人が忘れがちなことがあります。

それは「部屋の梁」。
今売り出されているマンションのほとんどは柱と枠で建物を支えるラーメン構造。
限られた階高の中で天井高を稼ごうとするとどうしても天井に梁が出ます。
ネット上の図面ではこの梁の位置が記されていないことがほとんどですが、
モデルルームで渡される図面には梁の位置や大きさが記載されています。

ある物件のプランαとプランβを用意しました。
どちらを選びますか?

プランα(クリックで拡大)

プランβ(クリックで拡大)

この2つの間取り、ほぼ同じ平米数かつ縦長リビングとよく似ていました。坪単価もほぼ同一。
しかし、リビングを隣の洋室とベランダと平行に輪切りにした天井図を見ると
だいぶ印象が変わりませんか?

移動式扉を開いて洋室とリビングを一つの部屋として使う場合、一体感が変わります。
結局、図面を良く見た人が得をします。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 小ネタ

    乾式壁とは?タワーマンションにおける防音効果

    タワーマンションをいくつか見学すればわかりますが、ほとんどが隣戸との境…

  2. 中古マンションの買い方・売り方

    消費者のための住宅購入応援サービス「住まいスタジアム」はじめます

    マンション購入を真剣に考えるブログ、読者のみなさまこんにちは、…

  3. 損が少ないマンション購入

    フラット35と変動金利の金利比較

    フラット35が再び過去最低金利水準に(2013年11月)のエントリを上…

  4. 損が少ないマンション購入

    中古マンションは値引きできるの?テクニックについて書いてみた。

    マンションブロガーのらえもんは、カジュアルな相談を受け付けるフォームを…

  5. 損が少ないマンション購入

    【週末特集】不動産サイトを比較してみよう ver.1

    中古マンションを探す取っ掛かりとして、不動産情報サイトは誰でも利用しま…

  6. ケーススタディ集

    「新築マンションは契約した瞬間に2割下がるは本当ですか?」:ケーススタディー集

    実際に寄せられた相談を元にのらえもんの返信を公開シミュレーションをする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP