» BAYZ TOWER&GARDENのブログ記事

BAYZ TOWER&GARDEN におよばれしたので行ってきました その1の続きです。
このエントリは画像をクリックすると大きくなります。

BAYZは、フラットな天井&順梁2450mmサッシという技術革新がありましたが、内側に極太の柱と梁が配置されています。高層階側に出て、向こう側を見ると柱の太さがよくわかります。

bayz_11

このため、専有部共用廊下は、内側空間から一段奥まっていてそのため若干狭い?と感じるのですが開放感よりも内廊下”感”は出ていますね。

bayz_10

壁も柱も白基調にカーペット柄の床です。

さて、高層階用エレベーターに乗り31階に到着すると、すぐ目の前がラウンジ&バーになっています。

bayz_12

自動ドアを抜けると、香港人デザイナー「アラン・チャン」が手がけた東洋と西洋の折衷間、という世界観なラウンジ空間が広がります。こういったテイストのタワマンラウンジはいままでありませんでしたね、新しいです。

bayz_13bayz_14

コーナー角の眺望、いいですね〜。SKYZ側とはまた別の良さがあります。ダイレクトウィンドウ形跡であたかも浮いてる感じになります。

bayz_15

ラウンジ、相当広いんですが、あまり座席数はなくゆったりとしたソファーが多めに配置されています。ここまで広いと細かくテーブルと椅子を配置すれば80席くらいはいけると思うんですが、あえてそうしてません。ラウンジ利用はゆったりと使ってほしいというデザイナーの心意気でしょうね。

続きを読む »

この秋から入居が始まったBAYZ TOWER&GARDEN。東京ワンダフルプロジェクト第二段のタワーマンションにお呼ばれしたので行ってまいりました。兄弟マンションであるSKYZが三井色だとすれば、BAYZは東建色を若干強く感じました。

bayz_04

bayz_03

BAYZの特徴は、以前も述べましたが以下の通りです。

  • 正方形で塔状比が良いため、特に角部屋においてワイドスパンの部屋が多い
  • 免震装置により上部構造を軽くした恩恵をなるべく部屋に柱を入れないように設計している
  • 順梁2450mmハイサッシの組み合わせにより、従来にない開放感を演出している
  • 外廊下ではあるが、極太構造柱を廊下側に出すことにより、外廊下感を軽減
  • SKYZとの共有施設相乗りにより、規模を超えた共用施設数を実現

ということで、マンションオタク的にも注目度が高い物件です。決してSKYZの弟分ではなく、専有部仕様は一部凌駕しています。本ブログの中古タワーマンション探訪エントリはお邪魔した専有部の写真は身バレを避けるためお見せしない、という趣旨ですが、専有部は想像以上でしたし、北側・東側・南側方向の開放感は事前予想を超えてました。

特に東側眺望は運河に面していて、開放感良いですね。東雲方向も遠くにタワマンが立ち並ぶ姿は圧巻です。

bayz_05

北側もパークアクシス豊洲が気になるかと思いきや、あまり気になりませんでした。

さて、BAYZの共用施設は以下の通り。

  • ベイサイドラウンジ
  • キッズガーデン
  • ゲストルーム2室
  • ラウンジ&バー
  • パーティースペース(バーラウンジ併設)
  • ライブラリー(バーラウンジ併設)
  • スカイデッキ

となっています。

ベイサイドラウンジ

bayz_06

bayz_07

正面エントランスからまっすぐいくと、ベイサイドラウンジがあります。ここは30席弱ほどあるラウンジですが、左手に見える水盆によりまるで水の上に浮いているかのような意匠となっています。外は運河沿いに道歩く人たちを見つつくつろげる場所となっています。

その奥には、このマンションを特徴付ける施設があります。その名も

キッズガーデン

bayz_08

bayz_09

20mはあろうかという奥行きの大空間、本棚兼アスレチックの木のオブジェ、琉球畳の掘りごたつ、壁一面は黒板と育ち盛りの子どもの遊び場とママの語らいを兼ねた場所です。ここまで広ければ、イベントスペースや災害時の拠点にもなるでしょう。ここまで広く高いマンションの共用施設はあまり類例がありません。

「マンションのキッズスペースはそのうち使われなくなる」という批判はよく目にしますが、考えてみればそれは細かく区切られているからで、大きくスペースをとって多目的室に使うようにすれば、後々でも使えます。ましてやここはSKYZと共用空間なわけでこれから長く使われることでしょう。

今回はゲストルームを見ることはできませんでした。次回は、アラン・チャンがデザインしたオリエンタルテイストのラウンジ&バーをご紹介します。

東京ワンダフルプロジェクト第二弾・BAYZが完売しました。

BAYZ_Web150306
画像出典:BAYZ公式Webページより

BAYZの販売は去年のGWあたりからですから、わずか9か月で550戸とSKYZに続いて早期完売のプロジェクトとなりました。SKYZ・BAYZ共にこの2年間、当ブログの主役だったのですが、売れ行きが早すぎてあまり書くことなくなっちゃうのがさみしい感じですね・・・

BAYZはSKYZとどう差別化をするのかが私にとっての注目ポイントでした。
それは専有部からの開放感だったとおもいます。

BAYZ_q01
上図と下図の画像出典:BAYZ販売資料よりスキャン

これはBAYZの専有部断面図ですが、バルコニー側の梁を扁平梁かつ極小にすることにより、順梁ながらサッシュ高を2450mmとっています。代わりにリビング天井高は2500mmになっていますが、これはフラット感を重視するためでした。

構造上必要となる極太の梁は、なるべく廊下側に集めた設計の妙ですね。通常二重床物件では起こらないバルコニー面とリビングに段差が付いてしまいますが、デメリットを上回るメリットだと思います。

続きを読む »

1 / 4123...最後 »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー