損が少ないマンション購入

狭い部屋で広く暮らそう その1

データにはっきり現れていますが、50平米台のマンションは値下がりしにくく
70・80平米台のマンションは値下がりしやすい傾向にあります。
少子化や高齢化が進むにつれて世の中は、かつてウサギ小屋と馬鹿にされた
日本の狭小住宅に回帰しているようです。
しかし、昔と違って今のマンションは狭くても快適に住めるよう作られています。

特に50平米台は総額が安く済むので、
坪単価が高い都心地区でも購入を検討できるかもしれません。
坪300万円の55平米で5000万円。坪250万円なら4000万円です。

夫婦と子供二人の家庭を想定して、
70~80平米台のいわゆる「ファミリータイプ」ではなく、
50平米台を購入して住むことは可能なのでしょうか。

結論から言えば条件付きで可能です。

  • 子供が自分の部屋が欲しいと主張するのは小学校高学年になってからであって、それまでは、部屋など用意しなくていい。
  • もし子供二人が中高生で、「損をしないマンション購入を第一に考えている」なら、その時は買いどきではないということ。今住んでいる賃貸住宅で暮らしたほうが損は少ないでしょう。
  • 子供が大学生なら、もうすぐ出ていく息子のために部屋を用意するより大学近くで一人暮らしをさせたほうが、結果として安くつく上に独立心も持たせられます。

都会は何かと恵まれています。
部屋の狭さを嘆くより時間の優位を活かしましょう。

都会のタワーマンションなら、共有施設を有効利用することで一部機能をアウトソーシングできます。
客間(宿泊部屋)だったり、勉強部屋(オフィススペース・ラウンジ)だったり、遊ぶ部屋(キッズルーム)は
共有施設をフルに活用することで自分の家の外に出せます。
常に用意するより少し高めの管理費を払ったほうが費用は安くつくのです。

*50平米台前半だと登記面積が50平米未満の場合があり
この場合、税制上の特典が受けられないので注意しましょう。

続きます。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    フラット35と変動金利の金利比較

    フラット35が再び過去最低金利水準に(2013年11月)のエントリを上…

  2. 損が少ないマンション購入

    間取りの検討と同時に構造梁の位置も検討しよう!

    画像の出典:イニシア豊洲コンフォートプレイス公式webより…

  3. 中古マンションの買い方・売り方

    消費者のための住宅購入応援サービス「住まいスタジアム」はじめます

    マンション購入を真剣に考えるブログ、読者のみなさまこんにちは、…

  4. 損が少ないマンション購入

    来年の湾岸タワーマンションの相場見込み

    選挙前にTwitterで来年のマンション価格について結構突っ込んだやり…

  5. 損が少ないマンション購入

    都市未来総合研究所「不動産マーケットレポート 2014年1,2月号」を読む

    みずほ系の不動産シンクタンク「都市未来総合研究所」が、建築費の上昇に関…

  6. 損が少ないマンション購入

    新築優位の時代が終わり、中古優位の時代が始まる

    少し煽りめのタイトルですが、のらえもん最近本気で思ってます。理由は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP