» ビーコンタワーレジデンスのブログ記事

前回は、ビーコンタワーレジデンスの成約事例からだいたいの相場感を紹介いたしました。

beacon-lounge

過去5年間の賃貸成約事例を調べると、15例しかありません。ちょっと全体傾向をつかむにはデータが足りません。

ビーコンタワーレジデンス(BEACON Tower Residence)
賃貸成約事例 H21.1.1-H26.3.23

beacon_chintai

新築即賃貸はデータからは確認できませんでした。最初の事例が坪0.9万円。その後だいぶ間隔があいて、0.8万円~1万円(だいたい90㎡で月24万円・84㎡で22万円弱)くらいの相場で推移してきましたが、昨年夏から、坪1万/月を超える成約も出てきています。

階数別で見ますと、低層と高層で坪0.1万円/月程度の差があります。20階以上になると坪0.9万円を超える事例が多くなってきます。20F以上となると、CODANの頭を超えてきますので、賃貸でも眺望が確保されているお部屋にそれなりの価値が付いていることになります。

ビーコンタワーレジデンス(BEACON Tower Residence)
階数別賃貸成約事例 H21.1.1-H26.3.23
beacon_chintai02

 

ということでビーコンタワーレジデンスの賃貸相場観としては

続きを読む »

ビーコンタワーレジデンス編・その2の続きです。
今回は、共用施設と相場観についてです。

共用施設

プールやバーなどの共用施設はありませんが、センスが良くかつツボを押さえた共用施設となっています。400戸くらいの規模のタワーマンションが持つ施設としては後世のお手本になると思います。

・レジデンシャルスイート(30F)
beacon_sweet01

beacon_sweet02
画像出典:ビーコンタワーレジデンス旧公式より。現在は存在せず。

・ビーコンカフェ(2F)
beacon-02

beacon-07
画像出典:トランジットジェネラルオフィスWebサイトより

・ビジネスセンター(2F)
beacon_center
画像出典:ビーコンタワーレジデンス旧公式より。現在は存在せず。

・ゲストルーム2室
・キッズスペース

・1F吹き抜けラウンジ

440戸とは一昔前なら超大型マンションといえる規模ですが、1000戸規模クラスとはどうしてもやれることには限りがあります。このマンションは、できるスペースに必要なものを配置しているという印象で、無駄なものがあまりありません。

ビーコンカフェは圧巻の一言で、マンション内カフェサービスの概念を覆すほどの出来栄えです。残念なのは眺望がのぞめない2Fなことですが、内装・運営は凝ってますし、運河に面する位置にありますので開放感があります。200円程度で飲める価格設定ですので、カフェ好きなら毎日通いたいほどのクオリティですね。

ちなみにのらえもんは数度入ったことがあります。

相場観

さて、ビーコンタワーレジデンスの相場観です。60㎡台2LDKはありますが、多くの部屋が80・90㎡といった大型の部屋となります。

過去5年間をさかのぼると成約事例は34例しかありませんでした。築5年・440戸の事例数としては少ない方でしょう。

続きを読む »

2005年から2007年にかけて、首都圏を中心に「マンションバブル」がありました。日が経つにつれて、どんどんと相場が上がっていったのです。「新価格」「新々価格」という言葉が一時期流行りました。販売の好調さに、途中で値段をつり上げたマンションも知っています。

マンションバブルの波は、東雲キャナルコートにも及んでいました。そのバブルが頂点に達した2007年に販売開始したのが「BEACON Tower Residence(ビーコンタワーレジデンス)」です。

キャナルコートのタワーマンション用地は、北側にいくにつれ倍々ゲームな高値で落札されていきました。原価が上がったのですから、プライスは当然上がります。しかし、消費者にとってマンションをコンクリートの躯体と内装とそっけなく考えるなら、隣に比べて大幅に値上がったプライスを好ましく思う合理的理由はあまりありません。東雲新価格をどう理由付けするか、このマンションはデザインを洗練させブランド化することにしました。「マンション単体」でのブランディング戦略。当時あまり無かった試みでした。
コンセプトとしては、「生活の遊び場として東京を楽しみ尽くす」。東雲のこのタワーがその拠点と言うことですね。

main
画像出典:ビーコンタワーレジデンス旧公式より。今は存在せず

物件概要

  • 物件名:BEACON Tower Residence(ビーコンタワーレジデンス)
  • 総戸数: 41階建て440戸
  • 大成建設の免震タワーマンション
  • 東雲キャナルコート内
  • マンション内に統一感のあるサインを使用
  • 有楽町線辰巳駅徒歩9分、豊洲駅徒歩12分

立地・周辺環境

ビーコンタワーレジデンスは東雲キャナルコート内にあります。東側が唯一開けている運河で3方向は住宅です。北側にはプラウドタワー東雲・南側はキャナルファーストタワー・西側はキャナルコートCODANと囲まれています。45度斜めで立っているので前建て感はありませんが、低層は公団の影響もあり東以外は囲まれ感があるでしょう。
基本的にはスーパーはイオン東雲が最寄りで、他には豊洲駅に文化堂とアオキがありますがこちらは自転車でないと普段使いには厳しいかと。

東雲キャナルコートのタワーマンションは、自走式駐車場を用意しています。このマンションも自走式で、この点はタワーパーキングを持つマンションより維持費の面で有利です。

beacon_carport

他のマンションも含めてトータルコーディネートされていますので、東雲水辺公園含め連続的な公園空間が広がっているのは、東雲キャナルコートの強みですね。

眺望

主要な眺望は南西・南東・北西・北東4方向あります。グーグルアースでの眺望シミュレーションはすべて地上100m、30F前後あたりです。

南西面
↓各図はクリックすると大きくなります
btr_SW

南西面は富士山が見えますが、正面に東雲公務員住宅が建っています。Googleアースではまだ建設中の東雲庁舎も建っています。
距離はある程度確保されているので圧迫感を感じるほどではありません。

南東面
btr_SE

右手に見えるのはキャナルファーストタワーです。
このマンションの中で最も開放感を感じる方角です。東京湾とディズニーランドが遠くに見えます。東京湾まで遮るものは無く、春・秋は気持ちいいでしょうね。

続きを読む »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー