センチュリーパークタワー

中古タワーマンション探訪:センチュリーパークタワー編 その2

センチュリーパークタワー編その1の続きです。
今回は、共用施設と相場観についてです。このエントリは画像をクリックすると大きくなります

cpt_logo

共用施設

センチュリーパークタワーの共用施設は英国風です。公開空地の庭は「イングリッシュガーデン」と名づけられていますし、1Fロビーは、一昔前のゴルフ場ロビーの装いです(悪い意味ではなく良い意味)。

cpt_robby

1Fには吹き抜けやロビーの他に、キッズルームとコミュニティ・ルームがありますが、圧巻なのは33Fの「マナーハウス」と呼ばれる共用施設群です。マナーハウスの入り口は湾岸のほかのマンションにはない雰囲気があり、圧倒されます。奥の暖炉部分の上は吹き抜けになっていて天窓が付いています。

cpt_manorhouse01

「ライブラリ」
長机の他に6つの個室が用意されていて、照明やコンセントがあります。

cpt_manorhouse02

「ラウンジ」無料で使用できます。2層吹き抜けで34F部分にも座席があります。

cpt_manorhouse03

cpt_manorhouse04

北向きの相当いい眺望が楽しめるラウンジです。やはりここも内装・家具ともテイストは英国。

他にもグランドピアノがある「ミュージックスタジオ」、2つのテーブルがある「カードルーム」(ただし麻雀禁止)、ミニキッチンつきの「パーティールーム」などが用意されています。宿泊できる「ゲスト・スイート」は33Fに1室だけ用意されています。

地下にも大きなロビーが用意され、地下駐車場には警備員が常時立っています。またタクシー乗り場も地下にあります。

cpt_b1_01

cpt_b1_02

相場観

ここ5年間の成約事例を散布図にしてみました。
センチュリーパークタワー成約事例H23.1-H27.12

cpt

震災から1年後に相場の底な時期があって(ただし飛びぬけて安い成約事例は低層階です)、そこからは一転してあがっていることがわかります。2015年以降は5階以下の1事例を除きすべて坪350万円オーバー。築16年かつ大規模修繕を控えるマンションとしては驚異的な相場を保ったマンションです。


wannavi_d
 

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. センチュリーパークタワー

    中古タワーマンション探訪:センチュリーパークタワー編 その1

    先日訪問した、「パークシティ中央湊 ザ タワー」の対岸は都心回帰の流れ…

  2. センチュリーパークタワー

    中古タワーマンション探訪:センチュリーパークタワー編 その3

    前回は、センチュリーパークタワーの共用施設と成約事例を紹介いたしました…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. 損が少ないマンション購入

    今年も一年ありがとうございました。1年間のランキング!
  2. 勝どき ザ・タワー

    勝どき ザ・タワー 第4期予定価格表を共有します
  3. プラウドタワー東雲

    プラウドタワー東雲を撮影してきました その2
  4. 中古マンションの買い方・売り方

    【小ネタ】築年数とマンション平米単価の関係と戦略的マンション購入
  5. ワンルームマンション投資

    都内ワンルーム投資ってどうよ?真剣に考えてみた その3(ワンルーム販売業者編)
PAGE TOP