» 湾岸温故知新のブログ記事

2020年東京オリンピックの仮設競技場である有明体操競技場や、有明第二小中学校の建設予定地、約35haの広大な土地は実は平成12年~17年に埋め立てられた新しい土地となります。東京都はこの埋め立て費用に400億円、起債利息120億円を計上して埋め立てました。

1948年 有明
1948ariake

1989年 有明
1989ariake

2009年 有明
2009ariake

1989年の航空写真を見ればわかるとおり、もともとは貯木場として使われていた場所ですが、臨海副都心計画ではこの土地は順次移転して住宅地になっていくので、35haの護岸工事が十分に行われていない海辺など必要ありません。そのため、臨海副都心計画の当初よりこの場所は埋め立てることが決まっていました。

tokyo_teleporttown

埋め立て理由は、「職と住のバランスのとれた都市の建設」「水辺空間の整備」が目的です、バブル崩壊後失敗が明らかになっていた計画に追い銭を払うようなこの埋め立て事業に対しては厳しい批判の声も上がりましたが、東京都は「公費をいっさい使わない」との名目で事業を行いました。2016年の今でも空いてる土地がいっぱいあるな?とも思いますが、臨海副都心計画上、有明北地区は38,000人が住む居住地区と定められていて、この人口を誘導するには土地が足りなかったのです。ネットの海を検索すれば、当時の港湾局が思い描いていた最終像が見えてきます。↓

ariake_umetate1
ariake_umetate2
画像出典:FORUM 8 ユーザー紹介第50回「東京都港湾局」より。予想CG作成とはいえ、ヤケクソ気味に建てすぎでしょ。ただ、38,000人の人口はコレくらい建てないと達成されない無理ゲーです。

続きを読む »

江東区長が諦めてない「湾岸ロープウェー」ですが、実は世界都市博覧会がお台場で開かれていたら、湾岸ロープウェーは実現していました。今とは全く違うただの観光目的ですが。。。湾岸温故知新は今回そんな話です。

zakiyama

世界都市博覧会は、台場・青海・有明南、ビッグサイトが会場となっていました。

sekaitoshihaku_01

規模感がわかる図面がこちらです。今でいえば、潮騒公園東側の大駐車場ダイバーシティ東京・青海国際交流館・ヴィーナスフォート・東京ベイコート倶楽部・ビッグサイトがすっぽり収まるサイズ感です。駐車場も巨大(りんかい線は新木場~東京テレポートまでしか無いし、ゆりかもめは有明止まり!)で、会場面積の1/3くらいが用意されていました。大阪万博が6400万人・つくば万博が2300万人に対して、世界都市博覧会は3000万人の入場を見込んでいました。万博は半年、こちらは300日という違いもあります。

駐車場は当然会場の外。いまの東京臨海広域防災公園から潮騒公園まで歩く・・・気が遠くなりそうな広さですが、安心してください、交通手段はあります。ロープウェーです。こちらがイメージ図です。

続きを読む »

湾岸温故知新はこの回のためみたいなもんです。

鈴木都知事が強引に進めて、青島新知事になって優柔不断の上に中止を決定した「世界都市博覧会」。実は詳しい資料をネットで漁ったのですがどこにもあがっていません。

今でこそ”お台場”は日本国民全員が知っている地名ですが、東京臨海副都心事業化計画が決定された平成元年当時は、東京都民ですら知らないただの埋立地でした。ここにテレポートとインテリジェントビル、住居、交通インフラを一気に作り上げる計画でしたが、知名度のなさは致命的でした。

teleporttown00

建築家丹下健三設計の東京都庁舎が竣工した平成元年、臨海副都心事業の推進・アピール役として突如「東京フロンティア」構想が持ち上がります。

tokyo_frontier

tokyo_frontier01

東京フロンティアの理念と目的:
「東京フロンティア」は、世界の大都市が抱える課題、将来帳面するであろう問題を解決すると同時に、21世紀における人間都市の理想を追求しようとする運動の契機となる一大行事である

↑上記理念ですが、まさに「ちょっとなにいってるかわからない」。

丹下健三と鈴木都知事の結びつきは強く、二人は東京オリンピック・大阪万博・都知事選出馬と節目節目で巨大プロジェクトを一緒に仕事をした仲でした。既に80近い巨匠二人のコンビが最後に華を咲かせたいと目を付けたのが、臨海副都心計画でした。東京都庁内にこのコンビを止めることができる人はおらず、平成2年11月に「世界都市博覧会-東京フロンティア-」の開催が発表されます。

当初は東京万博の開催を目指していたと思われますが、つくば万博、花の万博とあまりにも時期が近く、万博を名乗れなかったのではないでしょうか。

新宿の東京都庁の周りを歩くと、地面はコンクリートとアスファルトで覆い隠され、完全な歩車分離が実現されています。ここに自然はなく、あくまでも直線の人工物が都市の中心です。

Building_of_Tokyo_Metropolitan_Assembly_2_7_Desember_2003
上記構想懇談会資料にのっている1枚絵は、丹下健三のモダニズムをよく表しています。直線の街路と両脇の高層ビル、完全な歩車分離とコンクリート上で行われるフェスティバル。
新宿副都心のような街をさらに拡大して臨海部に作りあげるような計画です。

続きを読む »

1 / 212

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー