品川Vタワー

中古タワーマンション探訪特別編:品川Vタワー その1

品川の港南口を出て右手は旧国鉄の操車場跡地再開発「品川グランドコモンズ」の一角です。いまは高層ビルが立ち並ぶ一角となりましたが、元々貨物ヤードと新幹線の車両基地となっていました。山手線の駅直結でこれほどの大開発が一気に行われるのは、今後無いと思われます。
(*田町-品川間新駅再開発は約13ha、品川グランドコモンズの開発規模は約53ha)
こちらのエントリの画像は全てクリックすると大きいサイズで見られます。

そしてこの再開発で唯一の分譲マンションが「品川Vタワー」です。品川駅からペデストリアンデッキで繋がるV字型のタワーマンション、よく目立ちます。V型タワーマンションはこちら以外、勉強不足で知りません・・・

ちなみに裏側はこうなっています。

上から見るとVというより逆Aですね。内部の外廊下から見ると三角形状になっています。このV字をつなぐ部分は共用廊下とエレベーターホール、そして共用施設などが配置されています。


画像出典:品川Vタワーパンフレットより

 

物件概要

  • 物件名:品川Vタワー
  • 総戸数: 650戸、タワー棟(36階)622戸/テラス棟(9階)28戸
  • 品川駅ペデストリアンデッキ直結(!)徒歩6分
  • 品川グランドコモンズ内唯一の分譲タワーマンション
  • 竣工:2003年3月
  • 実はタワー棟は港区・テラス棟は品川区という珍しいマンション!

品川Vタワー地下3階平面図:最近見られるようなタワーパーキングはありません。トランクルームがここに配置されています。

さて、今回「特別編」と名前が付いているのは、普段は訪問した際に見せない専有部ですが、見学した際の売主の許可が取れたのでお見せできるので、「特別」を付けさせていただきました。玄関はダイノックシートで木目調仕上げ、ドア上部は明かりがついています。

今回、訪問したのは28階南東向き・お台場/東京湾方面のダイナミックな眺望が楽しめる、約100平米のお部屋です。

品川Vタワーは天井高に余裕があり、折上げ天井照明・全室天井カセットエアコンとなっています。この仕様は近年では全く見られない高品質なもので、タワーマンションこうあるべし、ですね。


この部屋は、キッチンがくの字カウンターになっており、キッチンカウンターより、この景色をいつも眺めることができます。昼間・夜景ともに、とてもいいです。キッチンカウンターからしばらく外を見るとまるで浮かんでいるような錯覚でした。

約100平米の部屋はダブルボウル仕様です。これは、外国人を意識した仕様と思われます。

共用廊下側のお部屋では珍しいものをみました。

採光のための装飾ガラスと上部の通風窓です。最近のマンションではほとんど共用廊下側の部屋はルーバー付き窓にして通風とプライバシーを守ろうという設計になっていますが、こちらでは少しレトロな感じがする処理の窓ですね。上側は空くようになっています。といってもプライバシーの問題があるので、カーテンをあえていれず、扉で開け閉めできる仕様になっています。はじめてみました。

オリジナルと違うのは、壁紙と幅木の張替え、そして幅広のオーク材突板を使用した床への変更です。玄関以外の部分はすべてこちらになっていました。床材を変えた効果は絶大で、かけたコスト以上に高級感が出ていました。オリジナルはもっと暗い幅細の床材だったはずです。


画像出典:品川Vタワーパンフレットより。オリジナルの床面仕様

いや~いいですね、相当気持ちのよい時間を過ごさせていただきました。僕には手が届きませんけど・・・。
次回は、共用施設などについて取り上げます。

今回訪問したお部屋はこちら!→(at home)

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 品川Vタワー

    中古タワーマンション探訪特別編:品川Vタワー その2

    品川Vタワー訪問 その1からの続きです。Vタワーは正面側から見ると丸み…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. THE TOKYO TOWERS

    中古マンション探訪:THE TOKYO TOWERS編(その5・相場など)
  2. 小ネタ

    さくら事務所長島社長が予想する今後の不動産価格
  3. はじめに

    2016年もありがとうございました!来年はいい年になりますように
  4. 湾岸グルメ

    たまには刺身を食いたいんじゃー、「築地食堂 源ちゃん」に行ってきた
  5. プラウドタワー東雲

    中古タワーマンション探訪:プラウドタワー東雲編(その2)
PAGE TOP