» メディアへのツッコミのブログ記事

湾岸にお住いの皆さん、朝のワイドショー見て奥様が不安になっていませんか?

最初はお笑いかと思って流していました。共産党都議団の「基準値の4割ものヒ素が地下のたまり水にある!」の公表からそろそろシャレにならないレベルになってきました。

科学的知識のないテレビ制作者・アナウンサー・コメンテーター・「専門家」による、豊洲新市場への一方的な問題提起は最近あまりにも度が過ぎています。ついには妻まで不安になって「あのあたり散歩しない方がいいのかなぁ」とまで言い出しました。豊洲新市場予定地はコストを度外視した除染作業が完了し、その上に砕石・盛り土・建物による蓋がしてあるのにもかかわらずです。

toyosushijo_1608

もう許せません。

・危険なはずの地下水に素手で手を入れる
・不安を煽るために地下に入るもマスクすらなし
・検出されたヒ素はミネラルウォーターのボルビック以下
・基準値以内の六価クロムが検出されたって、それコンクリート由来だから
・強アルカリ性のたまり水が!ってそれコンクリート由来だから
・地下水が染み出してるって、9月大雨降ってるじゃない
・そもそもベンゼンって水に溶けないんですが・・・まず大気の測定でしょ、でもそれを実施して報告するマスコミは皆無
・消えた盛り土ガーって、設計発注段階で建物の下は盛り土なしが決まってるんだから、発注に建物下の盛り土の料金が入ってるわけないじゃん
・建物の下の砂利はAP+2.0mなので水面より上なんですが・・・
・地下水管理システムがまだ動いてないのでこれからでしょう?
・一番ひどいのは、地下のたまり水がアルカリ性というだけで、塩素系漂白剤のアルカリ性と同一視、漂白剤にゆで卵とアジを付けてみたら変化したよ!という意味のわからない比較。豊洲市場地下水は漂白剤並の汚染ってか(新報道2001

こんな意見も。もはや豊洲で生まれ育つ子供を馬鹿にした話ですよ。

今起こっていることは、ガセネタを基にしたいわれなき豊洲への中傷であり、こちらからテレビへいっても何のアクションもないでしょうから、BPOに通報することといたしました。できれば、番組の具体例となぜ間違っているのか、風評被害が起こるレベルの話であるということを伝えませんか?ちなみにBPOはテレビへの抗議しか受け付けていません。

BPOでは放送に関するご意見をお受けしています:
http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119

bpo

すでに、私はBPOへ意見を送信しています。

テレビの細かい発言内容を覚えていなくても大丈夫です。gooテレビが書き起こししています。以下は朝のワイドショーの内容です。

とくダネ!
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/ktv/25482/

ビビット
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/mbs/54818/

スッキリ!!
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/ytv/25421/

モーニングショー
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/abc/59169/

おまけでミヤネ屋
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/ytv/25320/

上記リンクから、ご意見を送るとこの画面になります。ちなみに、氏名・住所の記入は必要ありません!湾岸住民もそろそろ怒りの声を上げてもいいと思うのです。

bpo_2

橋下さんも、これは勝てる戦と全力かけてきてますね。

P.S.
過剰報道による、過剰な対応をすると誰が損をするか、それは東京都の納税者ですよ。既に過剰なまでに対策を施した上に、さらにあーだこうだと議論するのはコスト意識が全くないし、大雨が降れば雨漏りや汚水が溢れ出し、巨大ネズミが走り回る築地市場の方が食の安全的に優れているというのなら、呆れてしまいます。

僕のブログは、「マンション購入をライフサイクルにあわせて考えることと」、「湾岸地域に住んだ住民向けの発信」が主要テーマなわけですが、なぜか湾岸地域というのはメディアからの煽り・嘲りの対象になりやすい。のらえもんという妖精自体へのコメントには特に反応しないようにしているのですが、住んでいる地域へのDisは、湾岸に実際住んでいる者が作る肯定メディアとしては、きちんとツッコミ入れないといかんだろうと思うのです、うん。

ということで、新カテゴリ「メディアへのツッコミ」を作りまして、湾岸地域への謂われなきDisへの回答もこのブログの主要なテーマとして扱っていこうと思います、決してネタがないわけではありません。

syukan_hyondaiweb
画像出典:週刊現代Webページより

本日のツッコミ対象記事はこちら

都心でマンション「大暴落」、売れ残り続出…要注意エリアはここだ!
2020年まで持たなかった 2016.09.13週刊現代

全国のマンション数は600万戸超。毎年10万戸前後の新築物件が生まれる巨大市場だが、それがついに「暴落劇」に襲われ出した。しかも、発火点はなんと都内の「中枢」。これはただごとではない。(中略)

実際、こうした異変は世田谷に限った話ではない。ここ数年のマンションブームの象徴である湾岸エリアのタワーマンションもまた、「大暴落」の危機に直面している。(略)

冒頭は世田谷区の新築マンションが売れてませんよーという内容なのですが、途中からなぜか主眼が湾岸タワーに切り替わる不思議な記事です。

私思うんですが、最初から湾岸をターゲットにしたいのなら、こういうアクロバットなことはやめて湾岸でも新築値引きが始まってますよというお話から始めた方がいいと考えます、実際には値引きしてないので世田谷区の事例から無理やり繋げているのでしょうけど。

記事はその後、先日の国交省地価LOOKレポートの紹介になるのですが、なぜこの内容で「衝撃レポート」「湾岸エリアはもう終わりとの書きぶり」と書けるのか私には不思議ですね、週刊現代記者の目か性根が腐っているようにしか感じません。

さてそして2ページ目ではマンション市況の崩壊が始まった!という衝撃のグラフが報告されます。

syukan_hyondaigraph画像出典:週刊現代Webページより

グラフだけ見れば、販売価格は暴落・販売戸数は激減していますね、たいへんだー
ここで元ネタの「不動産経済研究所のデータ」を見てみましょう。

fudousankeizai_201608画像出典:不動産経済研究所「首都圏のマンション市場動向2016年7月」より

月ごとに山はあるものの、ここ数ヶ月は値段が高止まりしていますね。首都圏のデータですが、郊外であまりマンションの売れ行きは良くなく、高単価の東京都区部と神奈川県の割合が高いので価格推移としては高水準にとどまっています。

続きを読む »

またゲンダイか。いや、日刊ゲンダイさんと週間現代さんは関係ありませんね。現代ビジネスさんは週間現代系のウェブサイトです。

gendai20160630
画像出典:現代ビジネスWebページよりキャプチャ。画像をクリックすると該当ページに飛びます

特集「賢者の知恵」にて2016年6月29日に掲載された【2020年、あの人気マンションの値段はこうなっている!~全117物件の「予想価格」を実名公開、不動産業界が大きな声では語れない「真実」】がネットにさざ波を読んでいます。なんと!2020年のマンション価格を名指しで大公開!勇気ありますね〜ぼくはおそれおおくてそんなのできませんです、はい。

「『GEEO』は、莫大な数のビッグデータを使って現在から未来の不動産価格を予測計算することができます。

利用するデータは、路線価、国勢調査、住宅・土地統計調査など官公庁 のオープンデータに加えて、過去の不動産売買の成約価格、駅からの距離、建物の面積、マンションのブランド価値まで含みます。さらに、それぞれの土地の地 価推移データも駆使して、1000を超えるデータから、人工知能が不動産の価格を予測します。

人工知能が決められた計算式で導き出すので、恣意性が極力排除されて、人間が弾き出すよりも客観的な結果になります」
そうして算出された結果をまとめたのが、本文最後からの表である。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48993?page=2

うーんなるほど、ビックデータを使って分析するとはいま流行してますね。しかし、記事内容を読んだ素直な感想としては、

まぁ従来のデータから読み取れる延長線上だよね、でも社会は変わっていくからなぁと。これをつぶやいた後、きちんと表を見ると内容が正直アレなことに気づきました。こういう表が一旦出ると、影響されて不安に感じる方もいらっしゃるかと思いますので、このブログで私の感想を書いておきます。

1:基準がよくわからない点

そもそもこの現在価格って何ですか、何を基準とされていますか?現在の成約予想坪単価に対して70平米換算していますか?記事ではこんな当たり前のことも書かれていません。私がこのレポートを部下に持ってこられたら突き返しますね。

gendai_20160630_2

2:現在価格が意味不明な点

そもそも江東区タワーの序列が

シティータワーズ豊洲ザ・ツイン>豊洲タワー=ブリリアマーレ有明>アーバンドックパークシティ豊洲>Wコンフォートタワーズって書いてる時点で、相場感が大きくズレてるとしか思えません。【不動産業界が大きな声では語れない「真実」】という煽りタイトル入ってますけど、業界プロどころか、のらえもんブログの読者様にこれを見せたら鼻で笑われますよ。いや、みんながあんまり自分の住んでいる場所の相場に詳しくてもそれはそれで嫌なんですが。

その他、不動産市況が今よりずっと良くなかった時期でも坪320万の成約があるパークハイム自由が丘二丁目の現在価格が「5,149万円」とか、セントラルパークタワー ラ・トゥール新宿が「6,980万円」など、いやいやいやその価格間違ってますよね?どこ情報でしょう?というのが並んでいます。その価格で買えるんなら今すぐぼくが買うよ・・・

元のデータが間違っているところに、どんな係数をかけても間違いです。元のデータの信憑性がないなら、ビックデータやら統計分析やらは何の役にも立ちませんね。

続きを読む »

2 / 212

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー