GWはモデルルーム訪問シーズン。いやぁ本当にモデルルーム巡りって楽しいですね。
そんなわけで、のらえもんもブログに書く予定のないマンションから、湾岸タワーマンションまでいろいろモデルルームを見るつもりであります。

さて、有明ブリリア3兄弟のラスト、「ブリリア有明シティータワー」の事前案内会に行ってまいりましたので報告します。

物件概要

・物件名: ブリリア有明シティータワー
・総戸数600戸
・有明のうちもっとも台場に近い、現状最寄はお台場海浜公園
・共用施設が豊富
・駅から多少遠い

立地・周辺環境

ブリリア有明シティータワーは有明1丁目にあり、有明の既存タワーマンションの中では最も西側、つまり港区台場に近い場所に位置しています。レインボーブリッジは目と鼻の先。ほかのマンションと違い、一段階海に近い場所です。台場・レインボーブリッジへの眺望に関しては最も恵まれた位置にあります。しかし、周囲はまとまった空地ばかりで、これから何が・どのように建っていくかは、現時点ではまったく不明です。


大きな地図で見る

部屋は南東・南西・北東・北西の4方向。
一部の部屋のぞき、全体的にワイドスパン気味に作られています。


画像出典:ブリリア有明シティータワー「PLAN BOOK」よりスキャン

りんかい線国際展示場駅徒歩13分・ゆりかもめお台場海浜公園駅徒歩12分・ゆりかもめ有明テニスの森は目の前の区画道路が完成すれば8分と、他のブリリア兄弟に比べここは劣っています。売主もメインの通勤経路であろう国際展示場駅までのアクセスが若干弱いと考えているのか、朝の通勤時のみシャトルバスを運行する予定です。無料運行らしいですが、この運行経費は管理費から賄われます。

眺望

北東側は有明・豊洲方面になります。

目の前は広大な空き地。東京オリンピック2020が来ると眼下にオリンピック会場が建設されます。
オリンピックが白紙なら何が建つかわかりません。現状は目の前が開けた方角です。豊洲と東雲のタワーマンションの夜景がきれいに見え、東雲運河が「海際の開放感」を演出します。
「有明1-7に有明第二小学校を建てられるように江東区が東京都と交渉中」という報道が真実なら、、、実はオリンピックが来ない場合小学校が建設されるので結果オーライということも。しかし、敷地20000㎡・・・BMAとBAS両マンション敷地を合わせたくらいドでかい敷地ですが本当かな?

ブリリア有明シティータワー・北東向き高度75mシミュレーション:

画像出典:GoogleEARTHより・画像クリックすると大きくなります

スポンサード リンク

南東側は東京湾方向です。
ここも遮るものはありません。ただし、数百m先に首都高があり少し騒音面が気になるかもしれません。
海がきらきらと反射して上空には次々と羽田に向かう飛行機が見え、とても開放感がある方角です。
南側も空地があります。目測このマンション敷地の70%くらいの広さです。他の方角と違い地権者は一人のようですので何か建つかもしれませんね。

ブリリア有明シティータワー・南東向き高度75mシミュレーション:

画像出典:GoogleEARTHより・画像クリックすると大きくなります

南西側は台場方向です。
お台場海浜公園の砂浜が見える方角であり、リゾート感が出る眺望です。ベランダに出ればレインボーブリッジが見えるはずです。
道路を挟んだ向こう側、西側はURが保有する土地であり、将来何か建つ可能性があります。

ブリリア有明シティータワー・南西向き高度75mシミュレーション:

画像出典:GoogleEARTHより・画像クリックすると大きくなります

北西側は都心方向です。
この物件で一番恵まれた方向となります。海越しの都会という眺望は有明・台場物件以外ではなかなか見ることができない景色です。
東京タワー・レインボーブリッジ・豊洲新市場・東京都心と昼夜関係なくすばらしい開放感にあふれています。
もちろんこちらも土地がでっかく開いております。西側はURですが、北側は地権者が何人かおり、南西側に比べれば細切れになっていますのでそのままになることを祈りましょう。

ブリリア有明シティータワー・北西向き高度75mシミュレーション:

画像出典:GoogleEARTHより・画像クリックすると大きくなります

建物・内装

免震かつ内廊下ということもあり、部屋の柱・梁が目立たずすっきりとした印象を受けます。構造面はブリリア有明兄弟の中では1番でしょう。敷地すべてに液状化対策が施されていますし、防災拠点倉庫も5か所設置かつ72時間分の非常用発電機装備と、まさかのときの備えも充実しています。
専有部は、免震構造による柱の少なさとワイドスパン気味の部屋配置が合わさって間取りは良さそうですが、それ以外は結構普通です。

  • 天井高2650mm/階高3315mm(自信なし)
  • 標準階サッシ高2200mm
  • ボイドスラブ250~300mm・二重床二重天井
  • スケルトンインフィル構造
  • バルコニー奥行2000mm
  • 太陽光発電装備
  • 東京都マンション環境性能表示オール3
  • キッチン天板3種類より選択可能
  • ミストサウナ付浴槽
  • 魔法びん浴槽

うーん、専有部は、PT東雲に少し譲る感じでした。有明スカイタワーには負けていない感じ。オール電化設定でないのもポイントです。しかし、順梁とガラスを組み合わせるのは定番になってきましたね。
バルコニー奥行2000mmはうれしいかも。角部屋はスパン幅を十分にとっているので、モデルルームの角部屋はルーフバルコニー付住戸のようでした。


画像出典:ブリリア有明シティータワー公式Webページより

価格・共用施設・維持費・総評など続きは次のエントリ以降で。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

いつも楽しく拝読しております。
さて、南東向き高度75mの画像ですが、他物件シュミレーションの貼り違いだと思います。

>>東雲の住民さま

ご指摘ありがとうございます。差し替えました

Comment feed

コメントする

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー