ケーススタディ集

【ケーススタディ集】仲介担当者個人にリベートを渡すと有利?

ネタに困ったときのask.fm。今回もなかなかパンチのある問いが来たので、改めてこちらでお答えします。

仲介担当者個人にリベートを渡すと有利?

machidukuri_building

Q:中古物件を購入しようと思っていますが、 仲介業者の担当者個人にリベートを渡すとやはり有利になるんですか?

A:中古物件のお得な買い方については、弊著「本当に役立つマンション購入術」でほぼ余すことなく書いたつもりです。詳しい内容は本を読んでいただくとして、ニュアンスだけ知りたければ、以下2つのエントリがほぼファイナルアンサーかと考えています。このエントリは私のブログの中でも一番の名作だとひそかに思ってます。

どこにも載ってない中古マンションのお得な買い方:その1
どこにも載ってない中古マンションのお得な買い方:その2

それを超える買い方として、「仲介業者担当者個人へのリベート」はどうかというお問い合わせですが、私はこう考えるのです。

たしかに、自分への契約を有利に成立させるために、仲介業者ではなく担当者個人へ謝礼もしくは商品券等でリベートを支払い、自分と担当者の利益を一致させるというのはルール無視でなら、ありかもしれません。ただ、その行為はモラルハザードを産みます。買い手と売り手は常に利益相反の関係にあり、「自分に有利な条件」というのは「売り手に不利な条件」であるからです。中立を保つべき仲介人がこのゲームに介入して書いて有利に歪めるとしたら、それは売り手側への背信行為となります(通常、解雇にあたる行為です)。また、湾岸のように均一化された部屋がエリア内に数千と存在し、高度に市場が形成されている場所では、仲介人を味方に引き入れたとしても、相場の範囲内でしか購入できません。

そもそも、リベート受け取る仲介担当者に自分が住みたい家を探してもらいたいですかね?

基本的に、家の購入というものは、祝福されるものだと考えます。
親兄弟友人に祝福され、子どもには喜ばれる、そういった買い物が幸せですよね。
ルール無視した買い方をした家に住んでも幸せは呼べませんね。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. ケーススタディ集

    「不動産価格のピーク後はどうなると思われますか」:ケーススタディー集

    実際に寄せられた相談を元にのらえもんの返信を公開シミュレーションをする…

  2. ケーススタディ集

    【ケーススタディー集】夫の夢が湾岸タワーマンションに住むことなのですが本当に大丈夫でしょうか?

    のらえもん宛に実際に来た相談・質問に対して、個人的な返信後、あらためて…

  3. ケーススタディ集

    「提携ローンを使いますか?」:ケーススタディー集

    実際に寄せられた相談を元にのらえもんの返信を公開シミュレーションをする…

  4. ケーススタディ集

    【ケーススタディー集】豊洲のタワーマンションを投資で買うならどこを買いますか?

    のらえもん宛に実際に来た相談・質問に対して、個人的な返信後、あらためて…

  5. ケーススタディ集

    「2人の子供がいます、資産価値の下落が少ないマンションを購入したい」:ケーススタディ集

    大好評企画(自称)ケーススタディ集も4つ目となりました。本ケーススタ…

  6. ケーススタディ集

    「見学は来ますが売却になかなか至りません」:ケーススタディ集

    ケーススタディ:2「土日に何回か見学が来るのですが売却になかなか至…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. 特別企画

    【特別企画】日本科学未来館企画展「GAME ON」に行ってみた
  2. 有明

    【速報】有明ガーデンシティ計画のニーズ調査が有明住人に配られる
  3. 有明

    ブリリア有明スカイタワーが完売
  4. 湾岸ニュース

    パークシティLaLa横浜の施工不良問題の影響について真剣に考える
  5. 小ネタ

    話題の【「35年ローン」とか意味不明すぎて笑えるwww】のツッコミどころが多すぎ…
PAGE TOP