シティタワーズ豊洲 ザ・シンボル

住友不動産ギャラリー秋葉原館訪問・シティータワーズ豊洲シンボル編

前回の秋葉原館レポートの続きです。

こちらが有明とともに渡された豊洲シンボルの価格表です。

シティータワーズ豊洲 ザ・シンボル24年3月価格表(クリックで拡大)

低層階

中層階

高層階

豊洲シンボルは、、、んーだいぶまだ空きがありますね。
南と東が多いような気がします。空白は次期以降販売とのことでしたが、
案内される時もっと年収盛っとけば案内してくれたのかなー。

本音を言えば、坪300万円のマンションを私は買えませんのであまり興味無しです。
低層4Fなら買えますけど、この値段出すならもっといいところもありますしね。
晴海クロノレジデンス南向きより高いので、リーマン前ならともかく今となっては割高感が否めません。

さて、ここからは苦言です。
私が明確に希望を述べなかったせいかもしれませんが
豊洲のタワーマンションを案内するはずの担当の方がまったく不勉強。
坪300万円もする物件の案内人が「あまり知らない」と客に
対して言っていいのでしょうか。
周辺に関してもパンフレットにのっている以上のことはまったく言及せず。
豊洲、東雲、有明の特性についてもちゃんと理解していません。

新築マンションの営業さんと言えば、最初に周辺住民に対してきちんとリサーチして、
自社物件だけでなく競合物件や中古相場すべてを調べた上で説明してくれるのが
”当たり前”だと思っているので、ショックな体験でした。

でも考えてみれば当然の結果ですよね、数十件の首都圏物件すべてを把握して
立石に水のごとく喋れる営業さんがいたら、不動産営業やってませんもの。
ということで、この住友不動産ギャラリーで他社の新築マンションの営業クオリティを求めても無駄。
(塩浜シティテラスなどは、ここで専門で扱うのでそれならクオリティは保てるかもしれません。)

どちらかといえば中古マンション仲介屋さんに近いのでしょうか。
とにかく、モデルルームでストレスが溜まる体験は始めてで
これじゃ完成在庫捌けませんよ、と住友さんには言いたいです。
もしかして、豊洲のモデルルームに行ったらまた別の体験をしたのでしょうか。
でも、住友不動産は「首都圏の物件すべてを5拠点のマンションギャラリーで説明します。」と言い切ってますのでね。

ちなみに、私を担当した営業さんは
一列空いていたシティータワー有明の東角部屋が(価格表では角としか書いていない)

  • 何向きで
  • 建物のどこに位置して
  • 目の前に何が建っているか
  • 何階から視界が開けるのか

を全く知りませんでした。

これはもう驚くべきことで、数千万円で売ろうとしている物件の特性を全く理解していない人から買えますか?
もし物件がよかったとしてもこの人からは私は買えません。
不動産ギャラリーを集約したことによるコスト削減効果よりも
営業の一物件に対するレベルの低下が酷すぎてむしろマイナスではと思う次第です。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. パークハウス晴海クロノレジデンス

    晴海クロノレジデンスとパークシティ豊洲を比較する

    かびやまさまから以下のエントリ依頼をいただきました。クロノレジデン…

  2. パークタワー晴海

    パークタワー晴海の予定価格表 2017.6.8版(修正)

    パークタワー晴海の6月初旬バージョンの価格表を読者様よりいただきました…

  3. 豊洲

    豊洲4・5丁目の中古マンション成約価格を調べてみた

    前回エントリでは、豊洲2・3丁目のタワーマンション成約価格を取り上げて…

  4. モデルルーム訪問

    木場レジデンスのモデルルームを訪問しました その1

    湾岸タワーマンションをメインにした当ブログですが、近隣にちょっと気にな…

  5. オークプレイス豊洲

    オークプレイス豊洲 第1期1次価格表(一部修正)

    先日、再訪問したオークプレイス豊洲。第1期の売出しは100戸でした。…

  6. パークタワー豊洲

    パークタワー豊洲第1期1次の正式価格が発表される

    三井不動産売主の豊洲駅徒歩5分のパークタワー豊洲の正式価格が発表されま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. パークハウス晴海クロノレジデンス

    GoogleEarthで眺望確認しよう(パークハウス晴海クロノレジデンス 西編)…
  2. ビーコンタワーレジデンス

    中古タワーマンション探訪:ビーコンタワーレジデンス編(その3)
  3. 中古タワーマンション探訪

    中古タワーマンション探訪:キャナルファーストタワー編(その3)
  4. 未発売マンション

    勝どき応援サイト「ドキドキ勝どき」がオープン
  5. 不動産業界を外から見た

    第10回・前編マンションコミュニティ座談会が公開されました
PAGE TOP