» 2016 » 12月のブログ記事

2017年はじめから分譲開始となる超大規模タワーマンションといえば、品川シーサイドの【プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー‎】です。このマンションは対となるザ・レジデンスあわせて1152戸となるビックプロジェクトです。モデルルームは12月中旬からザ・レジデンスのほうの紹介も始まっているそうです。本エントリの画像はクリックすると大きくなります。


本物件モデルルームの上階は積水ハウスが分譲するグランドメゾン品川シーサイドの杜であります(ちょっと珍しい)

物件概要

・物件名: プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
・総戸数817戸
・品川シーサイドフォレスト街区内
・品川シーサイド駅とペデストリアンデッキで接続
・29階建て免震タワーマンション
・りんかい線「品川シーサイド駅」徒歩3分、京急本線「青物横丁駅」徒歩10分、JR京浜東北線「大井町駅」徒歩16分

立地・周辺環境

本物件は、「品川シーサイドフォレスト街区」内最後のプロジェクトであります。品川シーサイドフォレストは、オフィスビル・イオン品川シーサイド・オーバルガーデン(専門店街)・住居棟などの複合開発となっています。最寄り路線のりんかい線は、思いのほか便利かつ空いている路線で、渋谷新宿方面には座って通勤が可能ですし、本物件そばのバス停から品川駅行きバスが頻繁に出ています。


本エントリの画像出典:プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー‎公式Webページより

買い物には非常に便利な場所です。24時まで営業しているイオンをはじめとして、オーバルガーデンや青物横丁周辺には商店が立ち並んでいます。通勤・買い物にはとても便利な場所でしょう。

ただ公立小学校は城南小学校の学区で、本物件から徒歩10分(大人の足で)。大通りを最低2回は渡らないといけないのでそこだけがちょっとだけ心配ですね。中学校の方が近くなります。

画像出典:プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー‎図面集よりスキャン

本物件は、台形の形をしております。これは隣接ビルとお見合いとなる北側住居の設定数を極力減らすこと、そして眺望が確保できる北西方向の設定を増やすためと思われます。3~26階まで同じ間取りが続くので専有部設計はシンプルといえるでしょう。

北側Na~Ndは品川シーサイドサウスタワーと、東側Ed~Ehは品川シーサイドビュータワー2と、南西角部屋Saはカスタリアタワー品川シーサイドがそれぞれかなり近い位置関係にあり、価格表を見ても影響ははっきり見て取れます。価格表については次回のエントリとさせてください。

続きを読む »

有明北地区は、大きく2つにわかれてまして「相当前から埋め立てられていた場所」と「2000年頃に埋め立てられた場所」です。ひらたく言えば、にぎわいロードから北側の土地が2000年頃に埋め立てられた場所です。(ブリリア有明シティータワー部分は以前からの場所です)こちらは、東京都港湾局が520億円をかけて造成してから約16年。いぜんまだ何も建っておりませんが、有明西学園(有明第二小中学校)と有明アリーナの建設が決まっています。

2009年頃の有明航空写真。

それ以外の土地は、東京パラリンピック閉会後、最終的に520億円の公的資金の回収のために住宅用分譲地として切り売りされ、高層住宅が立ち並ぶ予定でした。

2016年12月16日定例会見で小池都知事が、有明アリーナの建設決定を発表するとともに、「有明レガシーエリアを作る」と明言しました。会見、長いので箇条書きにまとめますと

・駒沢オリンピック公園のように、有明一体を有明アリーナを核とした「ARIAKE LEGACY AREA」と命名。東京2020大会のレガシーを詰め込んだ地域とする
・青海のスポーツクライミングや5人制サッカーを大会後、有明地域に移す
・有明体操競技場は展示場として有効利用(これは既発表どおり)
・有明はスポーツとイベントの地に変わり、地域の付加価値、ブランディングにも貢献する
・運営権は民間に委ねるコンセッション方式を採用する

コンセッション方式については、特に驚きはないのですが、スポーツクライミング施設や5人制サッカー会場を有明に移してくるというのは、意外でしたね。港湾局は埋立に使った費用の回収が念頭にあったわけで、こちらから開放されたわけですから。「甲子園に行きたい」のような表現で「有明に行きたい」を目指す、と。

と、いうことはですよ?

続きを読む »

首都圏のマンション販売が落ち込み、リーマンショック以降最も落ち込み、平成4年以来の低水準になったというニュースを見ました


画像出典:NHKニュースより。

首都圏マンション販売 24年ぶりの低水準に
NHKニュース 12月14日 16時11分

首都圏でことし1年間に発売される新築マンションの戸数はおよそ3万5000戸と、バブル崩壊で落ち込んだ平成4年以来24年ぶりの低い水準となる見通しです。

民間の調査会社、不動産経済研究所によりますと、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県で先月発売された新築マンションは合わせて2701戸で、去年の同じ月より22.7%減少し、2か月連続のマイナスとなりました。

これは価格の高止まりで消費者の買い控えが続く中、大型物件の売り出しが少なかったためで11月としては昭和50年以来41年ぶりの低い水準です。 発売された戸数のうち契約に至った割合も62.5%にとどまり、好調の目安とされる70%を2か月連続で下回りました。

売れないというより供給していない、という表現もありますが、土地を取得してもも建設コストと合わせると利幅が少ないビジネスになってしまい新築マンションという商品企画自体が停滞気味でありますね。これからどうなるか、というのらえもんの予想を言わせていただければ、

続きを読む »

2 / 4123...最後 »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年3月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.55%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー