» メディアへのツッコミのブログ記事

ららぽーと豊洲で試写会をするなど、必死だな感が溢れていた砂の塔、始まってみると視聴率伸びず爆死という噂があるのですが、本当でしょうか。自分は気分が悪くなりそうで見てないのですが、一応予告編は見ています。タワーマンションという住まいをネガティブに捉えた事例はこれ以外にもありましたが、ここまで露骨なのは初めてでしょうね。

sunanotou

煌びやかなタワーマンションで繰り広げられる女たちの闇…
「強制ハロウィン」・「地獄のランチ」・「フロア差別」

今回書こうと思って、改めてネタバレサイトを読んでみたのですが、本当にどこの世界なんでしょうね、これ。タワーマンションに住む実際の住民として、タワマン内格差についてまとめてみます。

1:階数よりも向きが大事

タワーマンション最大のメリットは眺望です。低層階よりも高層階、となりますが、窓から見える景色はもっと重要です。タワーマンションは板チョコのような板状型ではなく、4面全部に部屋が設定されているため、東西南北で見える景色が違います。ランドマークや富士山が見える部屋は価値が高く、眺望の良し悪しによって人気も変わってくるわけで、、、実際、向かいのタワマンが見える高層部屋よりも抜けている中層部屋が人気です。

2:部屋のバリエーションが多く、一概に低層階=庶民とはいえない

郊外のファミリーマンションでは70~80平米くらいで部屋タイプが統一されていますが、タワーマンションは1LDK40平米から4LDK100平米を超える部屋まで数多くのバリエーションがあり、100平米の部屋は低層階にもあります。ですので、一概に高層階がものすごい高い部屋ばかり、ということはなく、むしろ低層階角部屋の方が価格も高かったりします。

SKYZ_floor_plan
某タワマンの各階平面図。このように向きもあるし広さもまちまちですので、高層階だからといって偉ぶる人は見たことないです。

3:フロア差別を感じたことはない

先ほど述べたように、低層階でも高い部屋があるのはみんな知っているので、低層階だからほにゃらら~ということは住んでいて一回も聞いたことがありません。

だいたい、みんな同じ屋根の下に住むご近所ですよ???敵を棟内に作りたい人なんていません。

4:格差というか生活感の違いを感じることはある

自分のマンションの中で最上階の大きな部屋の人と知り合いになり、立ち話したり部屋に呼ばれることは普通にあることです。お呼ばれすると、確かに生活感の違いはありますねぇ。

でも、それは板状マンションでも下層階と上層階で生活感が違いますし、特にタワマンに限ったことではありません。最上階の人は低層階を見下しているかといえば全くNOです。むしろ、普通に暮らしていたらまったく会わなかっただろう人とご近所同士ということで、仲良くなりいろいろ学ぶことは多いですね。

生活感が違う人と無理に張り合う必要はなく、たしかに無理やり見栄を張って行動を合わせようとすると冒頭のようなことになると思いますが、、、そんなことする人あんまりおらんのでは?ウチは特に合わせませんね。

続きを読む »

10/25の第2回市場問題プロジェクトチームの録画・配布資料がアップされてます。2時間もある動画を拝見したのですが・・・もはや壮大なコントに莫大な時間とお金をかけているという感じでして、こんなのに付き合わされる東京都担当部署と設計担当の日建さんがかわいそうであります。

第2回市場問題プロジェクトチーム録画映像・テキスト
第2回市場問題プロジェクトチーム配布資料

shijoupt02_01株式会社アトリエ・ラ・クレ高野 一樹氏や建築エコノミスト森山高至氏がテレビや新聞、雑誌、Twitter・ブログ上において、「豊洲市場については構造安全性に疑義がある」と常々主張されていました。
緊急解説!!豊洲市場の構造設計に疑義アリ
築地移転問題の豊洲市場の建築構造がヤバイらしいという話
↑本当はリンクを貼るのもイヤなのですが、晒すという意味で貼っておきます。

これについて、東京都としては明確な反論を行わず、(どうも小池都知事がPTに花を持たせるために職員に反論させて無いのではという噂あり)まさに憶測が憶測を呼ぶという勢いになりまして、最終的には豊洲市場移転は延期、現在宙に浮いてる状態です。設計事務所が説明すべきという声もありますが、東京都との守秘義務がある関係上、日建側は反論をいままで封じられていました。

本日のPT上で、高野氏の指摘

  1. 防水押さえコンクリートの厚さが間違って(1cm→15cm)計算されている
  2. 積載過重がはたして妥当なのか
  3. 地下ピットの構造解析上の扱いに疑義がある

というコメントの後、守秘義務を解除された日建がすべて反論しました。この反論は説得力のあるものであり、PTメンバーから主な反論はありませんでした。法令順守しているし、安全性は確認されたという結論でした(ただし専門家同士での議論はして欲しいとのこと)。

shijoupt02_03

1点目、防水押えコンクリートの厚さは10mmで計算されていましたが、実際の施工は150mmでした。その結果、重量が変わってくるから構造計算が変わるだろうという高野氏の指摘でしたが、そもそも全体の重量に対しての0.6%分にしかならず、全く問題がないという日建の回答でした。

shijoupt02_04

2点目、ターレやフォークリフトの集中的な過重状態があっても大丈夫なのか?そもそもの設計値が低すぎるのではないか?との指摘には、具体的な数字を出して大丈夫ですという日建の回答です。いや、そんなの計算してるのに決まってるよね・・・

shijoupt02_05

shijoupt02_063点目は、周辺の土が軟らかいので基礎ピットは地下階ではなく、1階と数えて構造計算すべきではないか?という指摘には、基礎ピットはガチガチに作っているので5階建てと考えて計算しても全く問題ないし、法令上は4階扱いで設計すべきでそちらももちろん問題なし、という回答です。

shijoupt02_08↑高野氏が持ち込んだモデル(あとでPTメンバーの佐藤尚巳氏からめちゃくちゃ怒られてましたwショックだったのかしばらく置物状態になりました。)

それに対する日建の回答

shijoupt02_07shijoupt02_09

shijoupt02_10↑基礎部分での変形は0.054cmなので地盤と看做せる、全く問題ない!

ということで、全体のまとめ。全部問題なし、この問題終了!

shijoupt02_11日建の出した資料に、いくつかの質問はあったものの疑義を持つ意見は森山氏含めPTメンバーからありませんでした。ちなみに、高野さんだけが最後まで納得せずに粘るも見解の違いというよりも日建さんとのレベルの違いがはっきりしすぎて・・・時間の無駄っぷりに画面の向こうにいる僕にも参加者のイラつきぶりがわかってしまう次第。たまに謎の差配をする座長にも、手法の違いはどうでもよく安心な建物かどうかという視点で議論して欲しい、とたしなめられてました。

日建さんからも最後に発言を求めて、「我々は法令順守して設計している、高野さんは危険性を指摘していただきたい」とキレながらおっしゃってましたね。高野さん、危険性を指摘できませんでしたけど。

私もこの会議、すべて聞いたのですがこんなことに時間とカネをかけるのは間違ってますよ。早く移しましょ。

沖有人さんが提唱して商標までとった「タワーマンション節税® 」。当たり前ですけど、節税の仕組みなんて声高らかに宣伝したら税を取る側は黙ってないわけで、昨年からタワマン高層階の相続については、不自然に近い場合は追徴課税される指示まで出ています。

それで終われば良かったんですが、ここに来て高層階については固定資産税を上げるという報道が目立ちました。高層階だけ単純に上げると増税になるので、「低層階は評価額を下げて高層階は評価額を上げることにより、同じ棟内で同じ広さでも階数によって固定資産税を変える」という報道が出ています。

proud_towers

そうなると、特に節税など考えずに眺めがいいという理由で高層階を買った多くの人が沖さんが起こした騒動に巻き込まれて増税になるわけで、くだけた表現を使うと「ふざけるな!」となった可能性がありました・・・

今日の日経新聞によると、風向きが変わって「2018年以降引き渡す新築マンション」ということになるとのことでした、いままで二転三転してるのでこれで本決まりかどうかはわからないのですが。

「タワマン節税」けん制、高層階は増税へ
18年以降の新築で 政府・与党方針
日本経済新聞 2016/10/25 0:36
政府・与党は20階建て以上の高層マンションについて、高層階の固定資産税と相続税を引き上げる。2018年以降に引き渡す新築物件が対象。一方で低層階の税負担を軽くする。高層階の部屋は取引価格が高いわりに税金が安く、富裕層の間では節税策として購入する動きが広がっていた。

2018年以降の新築というところに、いま住んでいる人への配慮をしたということです。ですが、これ新しい既得権と歪みを生み出しかねないと私は思います。

続きを読む »

1 / 212

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー