» 湾岸温故知新のブログ記事

前回は、東京臨海副都心開発、その創造物語のさわりでした。話を端折りすぎたので少し補足させてください。

  1. マイタウン構想懇談会(昭和54年)
  2. 東京テレポート構想(昭和60年)
  3. 臨海副都心開発事業化計画(平成元年)

この3つは時系列的にはすこし離れていますが、連続した話です。
東京テレポート構想をよく読むとこれは、あくまでインテリジェントオフィスビル群と地球局、新ビジネス街の建設計画でした。当時、テレポート構想は世界中で流行っており、東京都としてもこの流れに遅れるまいと気合を入れて作ったものです。大規模な地球局は、電波障害が無い場所に建てるしかなく、それは東京湾の13号地でここに大規模なインテリジェントビルを建てることを鈴木都知事は発表します(S60年)。

この時点では、住宅建設の観点はありませんでしたが、ここでマイタウン構想懇談会が産みだした「東京を一点集中型とすることなく、多心化都市構造をつくり、職と住がバランスよく近接した都市を作る」という結論と結びつきます。

tashinkouzou

つまり、東京臨海部につくる新しいビジネス街が職の提供場所なら、その近くに住居を作り、更に遊べるところも作る。「住職遊接近の未来都市」の建設計画に結実していきます。これが臨海副都心開発事業化計画です(構想とか基本計画じゃない)。東京テレポート構想からわずか3年後にここまで計画は肥大化するのです。

なぜ東京テレポート構想から、臨海副都心開発までの短い期間でここまで進んだのでしょうか?

調べていくと、これは時代の流れというしかありません。ちょうど時は中曽根内閣。ドル円のレートが跳ね上がり、内需拡大と民活が叫ばれていました。内需拡大は、大規模な土地開発を呼び起こし、民活のスローガンは、臨海部開発を全部コントロールしたい東京都側と、民活の目玉にしたい国側の綱引きに結び付きました。当時国土庁が出した、過大なオフィス需要計画が綱引きに拍車をかけました。当然、東京都は意地でも自前で計画を作るべく、突貫工事で臨海副都心計画を作り上げます。
ここで出た結論はなんと「かかるすべての費用について公費を投入せずに、民間から回収する地代で作る」という都市計画となりました。当初の計画はレインボーブリッジの建設費もすべて入居するビル・住宅から回収することになってます。

続きを読む »

東京臨海副都心開発とは一体何だったのでしょうか。

rainbowtown

何を実現しようとして
何が実現できて
何が夢と散ったのでしょうか。

いまや千戸単位のタワーマンションが立ち並ぶ東京湾岸。雑多な地域からの移住民で成り立つこの地域は、新しい神話を必要としています。そして神話の起源は、やはり臨海副都心開発の始まりから紐解かねば、と考えました。
不定期新連載【湾岸温故知新】は、その当時の資料やデータを踏まえつつ、臨海副都心とその周辺プロジェクトの変遷やあれこれを振り返ります。

wikipediaで「東京臨海副都心」の概要を読むと以下の説明文が載っています。

1979年(昭和54年)に、都知事に鈴木俊一が就任すると、臨海副都心開発の検討が始まった。1979年(昭和54年)のマイタウン構想懇談会、1982年(昭和57年)の「東京都長期計画」、1985年(昭和60年)の「東京テレポート構想」、1986年(昭和61年)の「第二次東京都長期計画」である。
臨海副都心の建設はバブル景気絶頂期の1989年から始まった。建設期間は27年である。3期に分かれている。臨海副都心はオフィス街として開発される予定であったため、東京都は企業誘致を積極的に行った。しかし、バブル崩壊で企業進出のキャンセルが相次ぎ、開発計画の見直しを迫られることになった。

これでは、何のために臨海副都心開発が始まったかよくわかりませんね。少し時代を遡ってみましょう。

革新都政だった美濃部都知事時代、東京の開発は停滞します。保守都政の鈴木都知事(昭和54年)に切り替わった時には、東京の人口はどんどんと減り続けていました。

23kupeople

人口が減っていく東京を変化させよう、住民同士のコミュニティが大事で東京都として住民主体のコミュニティ形成に支援していく(まぁそのための器、ハコモノに金を出すということですね)、という構想が「東京マイタウン構想」の原点となります。鈴木都知事肝いりの懇談会であったこのプロジェクトは、東京の都市構造を多元化、すなわち都心部から環状に副都心を形成するという話に結実し、「第二次東京都長期計画」となります。

環状に形成される副都心。7つの副都心のうち、まっさらな更地から計画できる副都心が「臨海副都心」であり、臨海副都心の中核施設が「東京テレポート構想」でした。

昭和60年、東京テレポート構想についての鈴木都知事の演説は高揚に満ちています。「東京の人口空洞化を是正する。そのための都市環境を整備する。海と空の次は情報の港が必要になる。多数の衛星中継器と光ファイバーを装備する地球局・情報加工と処理を行うテレコムセンター、そしてシステム開発拠点となるインテリジェントビル群を臨海部に建設する、建設地は東京港13号埋立地。とても広い用地が確保できて電波障害の心配もなく、業務集積地と近い場所にある。」
青海地区に配置する東京テレポートとともに、周辺に商業施設と超高層住宅を配置する、住職遊近接の未来都市建設宣言の号砲でした。

東京テレポート構想が着地し、臨海副都心プロジェクトが始まった当初の構想図【東京テレポートタウン】はこれです。

続きを読む »

2 / 212

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー