» 購入検討初心者シリーズのブログ記事

私のブログは勝手に初心者~中級者向けの情報(私自身が中級者のため上級者向けは書けない)と思っていましたが、そういえば初心者向けの情報をあまり書いていないことに気づきました。最近、間取りについてメールで意見を求められたこともあり、「マンション購入検討初心者シリーズ」と題しまして、間取りや構造、住宅ローンや管理組合などについてつらつらと書いていきたいと思います。

間取り:

マンションを買うということは、建物内の空間を買うのとほぼ同義となりますが、複数人が生活する場である以上、仕切りが必要です。仕切りで空間を区切り、部屋や収納といった機能を付けていきます。これを間取りと言います。間取りの巧拙は、住み心地に直結しますが、たいていの場合、間取りありきではなく経済的に建てられる建物の形状がまず先にあり、そこに専有空間をはめていき、最後に間取りを決めます。

よく”田の字”と言われる間取りの一例を見てみましょう。

brillia_tatsumi_typeS-ga

南面2室・北側2室の3LDK配置が田の字に似ているのでそう呼ばれます。

この間取りの最大の利点は、南側を家族のパブリックスペースと考えた場合、逆側にプライベート空間を別個に2室つくることができる点です。更に南北に採光通風用の窓が取れますので、風通しに不便しません。

最大の欠点は、廊下が長く、また玄関とリビングがまっすぐ筒抜けということです。廊下に面した部屋はプライベート性に欠けるとも言われています。
我々は空間を買うわけですが、廊下は物を置けず部屋ともできないデッドスペースとなります。そのため、90/100㎡といった広さならともかく、70㎡程度のスペースなら廊下スペースは極小のほうが都合よいことが多いです。

ちなみに長谷工コーポレーションが施工を担当する物件はこの間取りがほとんどです。長谷工は”経済的な”マンション建設を得意としており、この間取りに適した建物形状を選択するのがもっとも建設コストが安く、効率が良いからです。また専有部の縦横比は1:2程度が多くなります。

もうすこし間口を広くする、つまり上図でいうと横幅を広げるとどうでしょう、リビングの横幅が広がり、3室分の空間を取れるようになります。

続きを読む »

9 / 9« 先頭...789

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー