» ケーススタディ集のブログ記事

このケーススタディ集は、のらえもんに実際にあった相談を元に、情報をぼかした上で、私がどう答えるかをシミュレーションしたものです。
ゆえに、実際の回答メールとは若干異なりますが、要旨はかわりません。

「幹線道路沿いの部屋を検討していますが、騒音を心配しています。夜眠れない等あるのでしょうか」

IMG_9008-1024x682
画像出典:coneta.jpより。フリー素材のため、題意とは関係ありません

Q:
のらえもんさん、お世話になっております。Dと申します。
(略)
今、■■マンションの○方向の部屋を購入検討していますが、妻が騒音問題に対してかなり心配しています。
この方向ですと、幹線道路から近い部屋になってしまいます。あまりに音がうるさいと寝られないのではと考えてしまいます。
(以下略)


noraemon

A:
Dさんこんばんは、のらえもんです。

騒音問題に対しては、受忍限度に個人差があるので絶対に安心であるとは言えません。ただし、普通の人ならうるさくて眠れない!ということは無いと思っています。

幹線道路沿いで騒音問題の心配があると言えば、直近で私の守備範囲の新築マンションですと、パークタワー東雲とパークタワー豊洲がこれにあたります。この2マンションの西側は晴海通りを向いてますがの騒音がウルサくて夜も眠れないというのは聞いたことがありません。
有明のマンション南東側は、晴海通りより交通量の多い首都高速側を向いていますが、こちらも夜眠れないというのは聞いたこと無いですね。
もちろん、窓を開けていればそれなりに音はしますので、落ち着いて寝たい時は窓を閉める必要があります。

基本的に、ちゃんとしたマンション会社なら事前に騒音を計測し、その結果から専有部サッシの遮音性能を決めます。面白いのはこのとき「無音」を目指さないということです。
続きを読む »

このケーススタディ集は、のらえもんに実際にあった相談を元に、情報をぼかした上で、私がどう答えるかをシミュレーションしたものです。
ゆえに、実際の回答メールとは若干異なりますが、要旨はかわりません。

「新築マンションの抽選に当たり契約したのですが、その後転職しました。住宅ローンが通るか不安です」

IMG_3773-1024x682
画像出典:coneta.jpより。フリー素材のため、題意とは関係ありません

Q:
のらえもんさん、こんにちは。Bと申します。
私は、先日とあるマンションを契約しました。
3800万円の物件で、約1割の頭金を入れる予定です。
(略)
ローン審査も終わってましてあとは内覧と引き渡しを待つ身ですが、いろいろな事情がありまして、転職することになりました。
転職先からは年収630万円程度と内示を受けています。しかし、不動産会社にいつのタイミングで相談すればいいか悩んでおります。
(以下略)


noraemon

A:
Bさんこんばんは、のらえもんです。まずは転職おめでとうございます。

結論から言いますと、早い方がいいです。転職が決まった時点でローンが通るかどうかは銀行の判断となります。
もちろん、ローンが組めないということも考えられます。その時は契約時にローン特約を付けていれば契約は自動解除となり、手付金も戻すことができます。しかし、事情を隠して契約にのぞんで結果的に銀行からローンが降りない場合は、重要な過失に問われることもあります。なるべく早く相談しましょう。
ここで営業マンの立場になって考えれば、せっかく契約してくれたお客さんをローン解除にしたくはないはずです。親身に相談すれば、一生懸命銀行に交渉してくれるでしょう。
(→訂正201406152210:プロに聞いたところ、コメントいただいた通りすがりさんのご指摘通りでした。失礼しました。ケースバイケースですが、自己都合の転職は理論的に特約が適用されません。
これにこりましたんで以降住宅ローン関係については、プロに一度確認してからエントリを立てることにします。)

ところで、頭金が1割ある状態なら、フラット35が最有力候補となると思います。
このブログでもたびたび触れていますが、フラット35は現在過去最低の金利水準ですし、転職歴を銀行ほど厳しく見ません。まずは3か月程度の給料明細が必要となってきますが、理論的には

  • 70歳未満
  • 年収400万円以上で審査金利はフラット35店頭表示金利・返済比率35%以下
  • 頭金1割

の3条件が揃ってれば(頭金1割未満ですと0.4%金利が上がりますので注意ください)。
ネット系のフラット35等で、まずはご自分で審査を受けてみるのも良いかと思います。


のらえもんは相談をお待ちしております。
→こちらをご一読の上、いつでもどうぞ!

大好評企画(自称)ケーススタディ集も4つ目となりました。
本ケーススタディ集は、のらえもんに実際に来たメールを元に、本人とわからないように情報をぼかした上で、私がどう答えるかをシミュレーションしたものです。ゆえに、実際の回答メールとは若干異なりますが、要旨はかわりません。

「2人の子供がいます。資産価値の下落が少ないマンション・部屋を購入したいと考えています」

IMG_9011-1024x682
画像出典:coneta.jpより。フリー素材のため、題意とは関係ありません

Q:
のらえもんさま、いつもブログ等拝見させていただいております。
Aと申します。
妻と未就学児の4人家族で、世帯年収は1400万円程度ございます。
(略)
現在賃貸マンション居住中ですが、いろいろありまして今年に入り新築マンション購入を考えております。
資産価値の下落が少ないマンションを探しています、どうか相談に乗ってください。今一番手の候補としては

・中央区のマンションお見合い方向のお部屋、70平米台

迷っているポイントとしては・・・
(以下略)


noraemon

A:こんばんは、のらえもんです。

資産価値の下落を最大限幅を気にされていますが、優先順位の1番は本当にそれでよいのでしょうか?
少し、ご質問の題意とはずれるかもしれませんが、以下語らせてください。子育てをされている方で、資産価値を最大限に気にされている方には似た内容を送らせていただいてますのでAさんに他意があるわけではありません。

最近、「幸せってなんだろう」と強く考えるようになりました。それって経済的な効率のみで語れるものなのでしょうか。
新築・超大規模なマンションですと、一度に大量の住戸さばかなければならないため、価格の歪みが形成されます。そこを突くことができれば、確かに「損をしないマンション購入」ができるような気がします。
しかし、価格の歪みの多くは、方角や採光が不利だったり、他のマンションとお見合いな部屋だったりします。

続きを読む »

14 / 15« 先頭...131415

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年3月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.55%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー